トライアスロン初心者ガイド Road to triathletes » 【トライアスロン種目1】スイム » ウェットスーツ » トライアスロン用ウェットスーツのおすすめブランド5選

ウェットスーツのおすすめブランド5選

2XU ACTIVE P:1 PROPELプロぺル ウェットスーツ

ウェットスーツ7_2XU
画像引用元HP:StyleBike公式サイト
(http://www.stylebike.jp/fs/sbshop/2XU/MW4991c)

ブランドの特徴

2005 年にオーストラリアで誕生したブランドで、始まって以来世界で活躍するアスリートのサポートや、公式コンプレッションパートナーへとなっています。世界各地に繊維工場を設けているのはもちろんのこと、最新の技術や素材、付属品にまでこだわっているブランドになります。プロのアスリートでも使用することができるように作られているため、価格は少し高いですが品質はとても満足のいくものになります。実際にアスリートはもちろん、コーチやスポーツ科学機関、専門家などの意見も参考に制作しているため、求めていたものが手に入るといった使用感です。カラーも複数種類あることも多く、デザインにまでこだわることができます。

Blueseventy Helix ウェットスーツ

ウェットスーツ8_bluseventy_helix
画像引用元HP:Amazon公式サイト
(https://www.amazon.co.jp/Blueseventy-メンズ-Helix-ウェットスーツ-サイズ/dp/B07FLXSZHK/)

ブランドの特徴

スピードを追及している方のためにおすすめのブランドが、Blueseventy です。ウェットスーツはどの商品でも使用感は同じだと思っていることも多いかもしれませんが、実際に着てみると着用感も異なります。その中で、こちらのブランドのウェットスーツは、水泳中でも自然に体を動かすことができます。水泳中でも自然に回転ができることや、体のバランスがとりやすいこと、体にしっかりと密着しながらも上半身にはたわみがあり、動きにくさを感じさせません。浮力にもこだわって作っているため、トライアスロン初心者で長距離のスイムに不安を感じている方でも、ウェットスーツを着用するだけで辛さや安心感も変わってくるはずです。

HUUB AEGIS III(イージス3)

ウェットスーツ9_HUUB_AEGISⅢ
画像引用元HP:Amazon公式サイト
(https://www.amazon.co.jp/HUUB(フーブ)-AEGIS3-(イージス3)-フルスーツ-ウェットスーツ/dp/B07C9S3QR3/)

ブランドの特徴

HUUB は今までの概念を覆しながら、日々新しい商品に挑戦しています。その中で、今でこトライアスロンで使用するためのウェットスーツは人気が高いですが、以前はウェットスーツと言えば保温性を重視するがために動きにくいものが多くありました。ですが、トライアスロンでは少しでも速く泳ぎたいというアスリートの期待に応えて、柔軟性や浮力に富んだ素材である、「ネオプレン」を開発しました。また、より多くの人の体にフィットすることができるように、他のブランドと比べてもより多いサイズ展開を実現しています。オーダーメイドは手が出せないと悩んでいる方でも、きっと自分の体にフィットするウェットスーツが見つかるはずです。

ORCA 3.8 Enduro Fullsleeve Wetsuit

ウェットスーツ10_ORCA
画像引用元HP:WIGGLE公式サイト
(https://www.wiggle.jp/orca-38-enduro-fullsleeve-wetsuit/)

ブランドの特徴

ORCA は20年以上前から人気のあるブランドで、その人気の秘密は新しい最新技術を投入することで作られたウェットスーツということです。そのため、他にもあるたくさんのスポーツアパレル業界の中でも、リードすることのできるブランドであり、また性能や品質といったモノづくりには欠かせない部分への情熱を体現しています。ウェットスーツでは、トライアスロンでスイムを行う上で大切なことを、素材はもちろん、最新のテクノロジーを生かすことによって、作られています。また、様々なパネルを使用することで、スイマーそれぞれの悩みを解決することができ、浮力に関しては特に優れているためぜひ試してみてください。

Zoot 3.8 Enduro Fullsleeve Wetsuit

ウェットスーツ11_Zoot
画像引用元HP:Amazon公式サイト
(https://www.amazon.co.jp/dp/B0792L2PQT/)

ブランドの特徴

1983 年にアイアンマンの聖地である、ハワイ島コナで誕生したブランドになります。溶岩台地と呼ばれる自然環境は厳しく、足場の悪い中で開発された商品なので、どのような状況においても実力を発揮しやすくなると、様々なアスリートから人気の高いブランドになります。また、使いやすいというだけではなく、豊富なデザインを揃えることによって、使いやすさだけで選ぶのはもちろん、そこからさらにデザインにまでこだわることのできるウェットスーツになります。さらに、場所によって生地の厚さを変えることで、動きやすく保温性もあり、人気もその分もちろん高いものです。価格と相談しながらお気に入りのウェットスーツを見つけましょう。

ウェットスーツTop

トライアスロン用ウェットスーツの使い方

HMBサプリバナー
FAQ教えて!ほりすけ