トライアスロン初心者ガイド Road to triathletes » アスリート向けコラム » ロードバイクとクロスバイク。何が違うの?

ロードバイクとクロスバイク。何が違うの?

クロスバイク

初心者の中には、ロードバイクとクロスバイクの違いを明確に理解できていない人も少なくないでしょう。細かいところまで比較してみれば、初心者でも両者の違いをたくさん見つけることができるのですが、頭の中でイメージするだけでは、なかなか両者の違いに気付くことができません。

ここでは、初心者の方に向けて、ロードバイクとクロスバイクの違いを解説します。あわせて、ロードバイクとクロスバイク、どちらを買うべきかの基準も理解しておきましょう。

ロードバイクとクロスバイクの違い

ロードバイク

ロードバイクとクロスバイクの違いについて、「目的」「外観」「値段」の3つに分けて見ていきましょう。

目的の違い

ロードバイクの基本的な目的は「速く走ること」です。もともとロードバイクはレース用に開発された自転車。たとえレースに使用する予定がなくても、基本的には速く走れることを目的とした仕様・設計となっています。

それに対してクロスバイクは多目的。いわゆるママチャリよりは走行性能が高いものの、ロードバイクほどスピードにこだわった作りをしているわけではありません。通勤や通学、趣味などがクロスバイクの基本的な目的となっています。

外観の違い

外観における最大の違いはハンドルです。速く走ることを目的としたロードバイクは、常に前傾姿勢で自転車を漕ぐことができるようドロップハンドルとなっています。それに対してクロスバイクのハンドルは一直線。多目的自転車として、さまざまなシーンで楽な姿勢をとれることを目的にしたハンドルです。

また、クロスバイクのタイヤ幅は、ロードバイクのそれよりも太め。一般にクロスバイクのタイヤの太さは28C、ロードバイクのそれは25Cが多いようです。

ほかにも、「トップチューブ長はクロスバイクのほうが長め」「ホイールスペースもクロスバイクのほうが長め」等、いくつかの外観の違いがあります。

値段の違い

クロスバイクに比べ、ロードバイクのほうが値段は高めです。

メーカーや車種によって異なりますが、ロードバイク1台の相場は、低めに見ても10万円以上。中には100万円以上するバイクもあります。

それに対してクロスバイクは、高めに見ても10万円ほど。大半のクロスバイクは1台5~8万円程度でしょう。

ロードバイクとクロスバイク、どちらを買うべきか?

選択

クロスバイクに比べると、ロードバイクのほうが価格は高めです。よって、どちらを選んで良いか分からないという人は、「大は小を兼ねるという視点から、価格が高いロードバイクを買っておけば無難」と考えるかもしれません。

しかしながら、値段が高いからと言って、かならずしもロードバイクのほうが良いわけではないことを理解しておきましょう。どのような目的で、どの程度まで自転車を利用するのか、という視点が大切です。

ロングライド・峠の走行・レースなどが目的ならロードバイク

トライアスロンなどのレースへの出場、趣味での長距離ツーリング、15km以上の通勤・通学、峠の走行などが目的ならば、ロードバイクの購入を検討してみましょう。

一般的な自転車通勤・通学・買い物などが目的ならクロスバイク

15km以下の一般的な通勤や通学、買い物などの街乗り、段差の多い場所での移動手段、舗装されていない道路での走行などが目的ならば、クロスバイクの購入を検討してみましょう。

ダイエット・運動などが目的の場合は?

ダイエットや運動が目的の場合には、予定している走行距離や道路の状態、コースなどにより柔軟に判断してください。

たとえば、舗装されたサイクリングロードを長距離(15km以上)にわたって日常的に走る可能性があるならば、ロードバイクを検討してみましょう。あるいは、特にルートを決めず自由に走行する場合、舗装されていない道路を走る可能性もある場合には、クロスバイクを検討してみて良いかもしれません。

まとめ

目的に沿って自転車を選ぶ

以上、ロードバイクとクロスバイクの違いについて、整理しながら解説しました。なんとなく両者の違いがイメージできたでしょうか?

初心者から見ると、一見、似たような外観のロードバイクとクロスバイクですが、それぞれの目的や仕様はまったく異なります。目的に沿った自転車を購入しなければ、途中で自転車への関心が薄くなってしまい、結局車庫で何年も眠ってしまうことになりかねません。どのような目的で、どのような状況の下、どの程度まで自転車を利用するのか、ということを具体的にイメージし、自転車選びをしましょう。

自分で判断しかねる場合には、自転車屋さんに相談してみてください。決して安くはない買い物なので、後悔のない適切な自転車を選びましょう。

タグ
横浜春日部所沢浦和大宮沖縄成功習慣絶対痩せる本当に効果のある時間帯上げるモチベーションやる気画像乗り越え方落ちない停滞期仙台評判料金器具本当に効果があるおやつ肩こりおすすめ痩せる無酸素運動効果的レッグスライダー翌日チートデイ代謝食べ物食べ過ぎカラダスキャンオムロン対策ワキガ予防食品市販腹持ち人気メーカー体重計アナログシンプルボディソープ体臭加齢臭匂い香りサドルカバーインナースキャンデュアル精度スマホタニタ体組成計コアトレーニングフォームローラーヨガトレーニングベンチ食事制限アプリ減量室内家でできるビンディングシューズUVケア普段使いバーンマシンボディクリームいい香りプチプラお腹痩せバランスディスク体幹筋肉乗り方ブランド運動100回スクワット3万円太る錠剤できない原因筋力ジャイアント違いシマノホイール運動前運動後オートミール腎臓飲み過ぎ体に悪い肝臓過剰摂取寝る前飲む時間フィットネスバイク運動不足有酸素運動負荷エアロバイク体重増加理由期間ニキビコラーゲン摂りすぎ美容栄養豆乳牛乳粉末飲む量1日ウィダー自宅ハムストリングス美脚固定式ダンベルデッドリフト何kg男性重量アジャスタブル可変式お腹ロシアンツイストバーピージャンプHIIT時間細菌作り置きフィットビット睡眠足首スマートウォッチ交換お尻痛くならないサドル測り方サイズ自転車安全基準ポイント俊敏姿勢アジリティトレーニング運動しない食事カロリーリハビリメディシンボールゴルフ野球負担プッシュアップバー前腕回数頻度握力服装重さシューズケトルベルメンズ最強必要チンニングスタンド懸垂マシントレーニングチューブぶら下がり健康器細いおしゃれクロモリボーリングテープ用途貼り方リバースプランク見た目胃下垂改善直し方腹斜筋サイドベントダイナミックストレッチアクティブストレッチ簡単体型ベンチプレスダサいチキンレッグバックプッシュアップ広背筋デクラインダンベルプレス大胸筋ワイドプッシュアップフォーム腕立て胸筋腹筋部位メニュージム商品紹介料理まずいWPI安いクロスバイクコスパ断食ファスティングタイミング置き換えImpact海外クロストレーナー消費カロリー太りたい増量体重飲み方ビーレジェンド乾燥剤保存アイテム瞬発力呼吸無呼吸腕立て伏せ方法シェイカー口コミキックボード鍛え方背筋やり方上腕二頭筋ダンベルカール僧帽筋鍛える腹筋ローラー10キロ初心者活用女性特徴上腕三頭筋注意コツダンベル痩せるダイエット作り方ケーキパンケーキレシピSAVASザバススポーツアイテム選使い方筋トレタンパク質人気プロテインバーヨガマットデメリット持ち運びメリット折りたたみインソール100円均一アンクレット活動量計メーカーおすすめ選キャンドゥ容器セリア代用ダイソー100均ハンドグリップ効果種類50m走オススメ早く走る方法練習HMBヘルメット有名人ウルトラマラソン宮古島トライアスロンカルシウム東京オリンピックスポーツジムストレッチマラソン大会マラソンランニングシューズソイプロテインサプリスイムキャップ選び方ウエットスーツレースHMBサプリHMBプロテインプロテインサングラス日焼け止めロードバイク佐渡トライアスロンブログホエイプロテインサプリメントトライアスロン部運営者情報コラムトライアスロントレーニングバイクスイムランニンググッズ
HMBサプリバナー
タグ