トライアスロン初心者向けガイドサイト Road to triathletes » トライアスロンのトレーニング計画 » オリンピックディスタンスのトレーニング計画

オリンピックディスタンスのトレーニング計画

オリンピック(ショート)ディスタンスの距離

オリンピックディスタンスは、スイム1.5km・バイク40km・ラン10km、合計51.5kmの距離で行われます。

2時間半程度で完走が可能で、トライアスロンを始めようという方の登竜門的な種目ですね。

監修者紹介

原田雄太郎の顔写真
原田雄太郎の顔写真
原田雄太郎
チームケンズトライアスロンスクール
ヘッドコーチ

Q1 何ヶ月前からトレーニングを始めるべきですか?

今までの運動経験にもよりますが、特に水泳の経験で変わってきますね。

他の運動経験があって、水泳もそれなりに泳げるという人であれば、半年あれば完走は可能だと思います。

水泳部に所属していたやクラブの選手コースにいたという人なら、3ヶ月とかでも準備が可能ですね。

水泳がほとんど泳げないという人でもスクールに来てくれれば、完走させる自信はありますよ。

Q2 どういったトレーニングをするべきですか?

スイム

得意な方

フォーム等に問題がない人は、いかに距離を泳ぐかですね。

週1~2回は、時間をつくって長距離を泳ぐようにしてほしいです。

苦手な方

フォームをしっかり固めていきましょう。

スカーリングや片手クロールなどのフォーム練、息継ぎの練習、そして回数を重ねて距離を泳ぐことです。

バイク

得意な方

休日などを使って、長距離のロングライドをしてみてください。

苦手な方

ポジションとぺダリングの練習をすべきですね。

ぺダリングが効率的かどうかで、バイクの進み方は全然変わってきますので、経験者に見てもらえる機会を作るといいですね。

ラン

得意な方

本番は10キロしか走りませんが、スイム、バイク後の10キロは想像以上にきついです。

得意な方は、走りながらフォームを意識して練習するといいかもしれませんね。

ランに関しては、いかに走ったかが重要ではありますが、より好タイムを出すためにはフォームにも意識していきましょう。

苦手な方

とにかく走りましょう。1回1回の距離はそんなに長くなくてもいいので、回数をしっかり行ってください。3日に1回くらいの頻度で5~10キロを走れるといいですね。

継続していくことで、徐々に走るための筋肉が備わってきます。

それでいて、ペースはゆっくりでいいので、週1くらいで10キロ以上の距離を走れるとなお良いです。

Q3 週のトレーニング計画はどのようにすべきですか?

私のおすすめは水泳5:バイク3:ラン1の割合で練習メニューを組むことです。

マラソンやバイクは、正直運動経験がある人であれば、そこまで難しいものではありません。

ただ、水泳は本当に経験によって、ただ距離を泳ぐだけでタイムを縮められる人とそうでない人の差が大きいです。

水泳が本当に苦手という人は、週3回は泳いでほしいです。

そして、トライアスロンスクールでなくとも、スイミングスクールに通って、泳ぎの基本を身につけましょう。

トライアスロンの水泳は、いかに効率的に進むかです。それには、水泳の基礎がとても重要になってきます。

オリンピックディスタンスは、苦手な種目の練習頻度を高めることを意識してください。

苦手意識のない競技に関しても、頻度を高められるのが重要ではありますが、1週間の中では距離を稼ぐという意識でも問題ないでしょう。

監修協力
~チームケンズトライアスロンスクール~

チームケンズトライアスロンスクールのキャプチャ画像

開校して20年の実績を誇る歴史あるトライアスロンスクール。

老若男女問わず、それぞれのレベルに合わせて練習メニューを組んでくれている。

オリンピックの代表候補になったコーチやテレビのトライアスロン企画で芸能人のコーチを行った方など、実績豊富なコーチ陣が懇切丁寧に教えてくれます。

校舎:新宿、成増、田無

まずは無料体験を検討してみる

            HMBサプリバナー
             FAQ教えて!ほりすけ
                   
                           運営者情報