トライアスロン初心者向けガイドサイト Road to triathletes » 【トライアスロン種目1】スイム » ウェットスーツ » トライアスロン用ウェットスーツ

トライアスロン用ウェットスーツのおすすめ人気ブランド5選

ウェットスーツ1

トライアスロンの中でも最初に行うスイム。泳ぐだけだし水着なら何でも良いと思っている方もいるかと思います。ですが、実は大会によってはウェットスーツの着用が義務付けられていたり、ウェットスーツを着用することで体が冷えにくくすることも可能になります。また、トライスーツを中に着用しておくことも可能なので、バイクにも入りやすくとてもおすすめです。

トライアスロン用のウェットスーツとは

トライアスロンのスイムとは

トライアスロンで使用できるウェットスーツに関して今回はご紹介していくのですが、まず最初にトライアスロンの3つの種目の中で最初に行う、「スイム」について確認していきましょう。トライアスロンでは「スイム」「バイク」「ラン」の3種目を順番に行い、そのタイムを競います。順番はどの大会においても同じですが、実は距離が様々です。

トライアスロンは距離に応じて種類が分けられているのですが、最も短い距離なのが「スーパースプリント」でスイムは0.4kmです。次に「スプリント・ディスタンス」が0.75km、「ショート( オリンピック/ スタンダード)・ディスタンス」が1.5km、「ミドル・ディスタンス」が2 ~ 3km、「ロング・ディスタンス」が3km以上、「アイアンマン・ディスタンス」が3.8kmになります。スイムの距離だけを見ると少し簡単に感じてしまう方もいるかもしれませんが、そのあとにバイクとランが控えていますし、もちろんその2種目に関しても種類に応じて距離が変わってきます。

基本的にはスイムは海や湖、川の屋外で行われることが多く、通常のプールで行う水泳とは少し異なった部分もあるため、必ず練習を行っておくことで慣れることが大切になります。その中で、通常水泳と聞くと屋内で水着を着て泳ぐというイメージが強いかもしれません。ですが、屋外で泳ぐ場合を考えた時に、ウェットスーツを着用することで様々な効果を得ることができます。また、大会によってはウェットスーツの着用が定められていることもあるので、ウェットスーツは持っておくと良いでしょう。

ウェットスーツの役割とは

ではここからはウェットスーツの役割について知っていきましょう。ウェットスーツの役割については大きく分けて2種類あります。「体を温めること」と「体を守ること」です。

体を温める

トライアスロンで行うスイムは基本的に距離が長いため、その分水の中にいる時間が長くなります。海へ行ったことのある方であれば分かるかもしれませんが、長時間海に入っていると、体が冷えて寒くなりませんか?そうなると泳ぐことも難しくなってきますし、体力も奪われてしまいます。

また、その後のバイクやランにも影響してくる可能性があるのです。ひどい場合には体温が下がってしまうことで、低体温性になる可能性もあるのです。そこで、ウェットスーツの着用がおすすめになります。

ウェットスーツを着用して水中に入ることで、多少の水がウェットスーツの中に入ってきます。すると、水がウェットスーツの中でとどまります。その水はウェットスーツと体の間で少しずつ温められていきます。もちろん最初は冷たい水が入ってくるので冷たく感じるはずです。ですが、中で少しずつ温められることで、水は体温に近い温度にまでなり、全身を包み込むことで保温することが可能になります。そのため、体は通常よりも冷えにくくなり、長時間のスイムでも問題なく行うことができるようになります。

体を守る

次に、外からの刺激から体を守るということです。最初にご紹介した通り、トライアスロンで行われるスイムは、海や湖、川といった自然の中で行われることがほとんどです。そのため、プールとは異なり様々な生き物が生息している可能性が考えられます。どのような生物がいるのかをすべて把握しておくことは不可能ですし、その中には毒を持っている生物やとげを持っている生物など、肌に直接触れると危険な生物がいる可能性も考えられます。そのような危険から身を守るためにもウェットスーツは大切な役割をしてくれます。

例えば水着だけで泳いでいると、クラゲなどの被害にも遭いやすくなります。ですが、ウェットスーツであれば全身をしっかりと覆うことができるだけではなく、万が一遭遇してしまっても厚みのある程度あるウェットスーツであれば被害を防ぐことができる可能性があります。

動きやすい

最後に動きやすさについてです。確かに腕まで覆われていると少し泳ぎにくいと感じることもあるかもしれません。ですが、自分の体のサイズにしっかりとフィットしているウェットスーツを選ぶことができれば、動かす際に妨げにもならないですし、さらに水の抵抗も減らすことができるので動きやすくなります。ウェットスーツによって生地や構造は様々で、それによっても効果は様々なのでしっかりと選ぶようにしましょう。

トライアスロン用のウェットスーツとは

今回はトライアスロンのスイムで使用する際におすすめのウェットスーツをご紹介します。ウェットスーツと一言で言っても様々な種類があり、その中でもサーフィンやスキューバーダイビングなどにおすすめのウェットスーツもあります。そこで、それぞれのスポーツごとにおすすめのウェットスーツの特徴についてご紹介していきます。

ウェットスーツとドライスーツの違いとは

まず最初に知っておきたいのが、ウェットスーツとドライスーツの違いについてです。ウェットスーツは今回ご紹介するアイテムなのですが、ドライスーツは聞いたことのある方もいるのではないでしょうか?実は、一見ウェットスーツもドライスーツも似ていて、あまり差がないように感じるかもしれません。ですが、実はウェットスーツとドライスーツには決定的な違いがあるのです。

それは、中に水が入ってくるような作りなのかどうかということです。ウェットスーツは基本的に中へ水が浸入するようなつくりになっています。そのため、体が濡れるという点からウェット(濡れる) スーツと言われています。反対に、ドライスーツはドライ(乾燥)という言葉からも分かる通り、スーツの中に水が入り込まず、体が濡れないようになっているものになります。では、実際に使用するスポーツごとのウェットスーツの特徴について見ていきましょう。

サーフィン

サーフィンはマリンスポーツの中でも人気が高く、さらに1年を通して行うことができるため人気のスポーツです。サーフィン用のウェットスーツは基本的に機動性が高いことと、様々な型があるということが特徴です。サーフィンは一見動きが少ないように感じるかもしれませんが、意外と動くことが多いため、できるだけ動きやすくできるように作られています。また、最初にご紹介した通り1年を通して行うことができるので、様々な型のウェットスーツがあります。袖のないものや袖のあるものなど自分に合う型を見つけることが大切です。厚さは通常3mm程度のものが多くあります。

スキューバーダイビング

スキューバーダイビングは海に入って、中で海の生き物を観察するなどして楽しむマリンスポーツです。基本的に激し動くことはなく、泳ぐときもあまり急ぐことはありません。そのため、他のスポーツで使用するウェットスーツと比べると、動きにくく着脱しにくいという特徴があります。ですが、その代わり海の中でゆっくりと快適に過ごすことができるようにするために、保温性を重視して作られています。

これはスキューバーダイビングの大きな特徴で、動きにくさや着脱のしにくさの代わりに、保温性を重視することでより長時間スキューバーダイビングを楽しむことができるのです。ウェットスーツの厚さは他のウェットスーツと比べても厚く、約5mm程度のものが一般的に販売されています。

素潜り( シュノーケル)

素潜り、またシュノーケリングが趣味という方も多いかと思います。基本的に素潜りの場合には危険性が高いため、アクシデントに巻き込まれてしまう可能性もあります。そういったことを防ぐためにも、浮力ができるだけあるウェットスーツが人気です。また、長時間潜っていても大丈夫なように、保温性が高いものやできるだけ上部に作られているものもおすすめされています。最近では市販品でもたくさんの種類が発売されており、比較的手に入りやすいウェットスーツとも言えます。

釣り

釣りでもウェットスーツを着用することはあります。川や海などでウェットスーツを着用したまま、水中に足を入れて釣る時です。基本的に足がつくような浅い場所の場合、そういったことが多いためウェットスーツを持っている方も多いようです。釣りで使用するウェットスーツは、機動性が高いという特徴の他、下半身のみのウェットスーツも販売しています。これは、足だけを水中に入れる可能性のある釣りだからこそのウェットスーツです。

トライアスロン

最後にトライアスロンで使用するウェットスーツについてです。トライアスロンで泳ぐ距離は長く、その分水中にいる時間も長くなってしまいます。そのため、保温性を少しでも高くするためにもウェットスーツの表面上に水分を含みやすくなっています。また、ウェットスーツを着用することで全身を覆うことができるので、直接冷たい水に触れることもなくなります。

基本的にトライアスロンの大会は真冬に開かれるということはありませんが、大会当日の天候によっては水温が低くなる場合もあります。その際にウェットスーツの着用が義務化されることもあります。反対に真夏の暑い日の場合は全身タイプでは暑くなってしまう可能性もあります。トライアスロン用のウェットスーツの場合は体の部位によっても厚さが異なっており、胴体部分は5mmほどありますが、肘下や膝下といった動きの多い部分に関しては3mmと薄くなっています。

保温性を高めるために厚さのあるウェットスーツですが、海で泳ぐ際など人が密集していて周りの人に体や腕がぶつかってしまう可能性があるときには、衝撃を和らげる役割もあるためおすすめです。また、トライアスロンではスイムはウェットスーツを着用して行いますが、バイクランではトライスーツやそれぞれ専用のウェアなどを着用します。ですが、トライアスロンでは着替えの時間も競技時間として考えられているため、少しでもタイムを縮めたいと考えている方のために着脱の時間も早くなっています。

さらに、トライアスロンで使用するウェットスーツは泳ぐために着用するものなので、基本的に機動性が高く作られています。ヘッドアップに対応できるために首~肩にかけては動きやすく作られています。反対に下半身はクロールのことが多くバタ足になるため、サーフィン用のウェットスーツと比較するとやや動きにくくなっています。

浮力に関しても考えて作られており、ウェットスーツを着ることによって体は浮きやすくなります。沈んでいる状態よりも浮いている状態で泳いだ方がタイムもも上がるため人気なのですが、反対に足が水面へ出やすくなってしまうというデメリットもあるため、バタ足をしている間に空振りしているということもあります。さらに、肩が覆われていることも多いため、手が動かしにくいと感じることもあるようです。こういった部分に関しては、実際にウェットスーツを着用して練習を重ねることで解決することはできるはずです。

トライアスロン用ウェットスーツの種類

袖ありと袖なし

ウェットスーツ2

トライアスロンで使用することのできるウェットスーツの中には、袖があるものとないものがあります。どちらでも足はしっかりと足首まで覆われているのですが、袖のあるものは手首まで覆われており「フルスーツタイプ」と呼ばれています。また、袖はないものは「ロングジョンタイプ」と呼ばれています。

フルスーツタイプは保温性が高く衝撃にも強くなります。また、浮力も大きいためタイムにも影響が出てくるはずです。ロングジョンタイプの場合はウェットスーツの生地が少ないことで着脱がしやすく、さらに荷物の体積が少なくなります。また、腕を自由に動かすことができるので泳ぐ時の動きにくさを感じません。どちらも良い部分がたくさんあります。ですが、その中でも実際の大会を見て分かるのが、ロングジョンタイプのウェットスーツを着用して競技に参加している方は少ないということです。

ほとんどの人がフルスーツタイプを着用しています。学術的に見てみると、実は袖なしと袖ありでは特に差はないそうですが、やはりフルスーツタイプのウェットスーツの方がメリットも多いかと思います。フルスーツタイプのウェットスーツの場合、腕までしっかりとウェットスーツが覆ってくれています。そのため腕も浮きやすく体と腕が水面に水平になりやすくなります。これは生地の中にわずかに気泡を含ませることで浮力を増しているのです。速く泳ぎたいと考えている方は浮力もしっかりと考えておきましょう。

また、浮力に関してはトライアスロン用のウェットスーツが優れているためしっかりと専用のウェットスーツかを確認しましょう。また、上腕、前腕部分での面積が増えるため肘を曲げると多くの水をキャッチしやすくなります。そのため、トライアスロンを始めたばかりでまだまだ技術が不足していると考えている方にはおすすめです。

ですが、フルスーツは全身を覆うことで保温をすることを目的の1つとしています。そのため、暑い夏の大会に参加する際にはあまり向いていません。フルスーツでスイムを行うことで汗をかいてしまいます。それをきっかけに脱水症状や熱中症などになってしまう可能性があるため、注意をして天候や目的に合わせたウェットスーツを選びましょう。

上下別か一体か

ウェットスーツ3

ウェットスーツの種類は袖以外にもあります。上下が繋がっているワンピースタイプのものと、上下が別になっているツーピースタイプのものです。上下が別になっているツーピースタイプのウェットスーツであれば、着脱はそれぞれ行うことができるので簡単にできます。そのため、タイムを競う大会ではスピーディーに次のバイクへと移ることができます。

ですが、2つに分かれている分ワンピースタイプと比べると価格が高く、ウェットスーツの種類もあまり多くありません。さらに、ツーピースタイプのウェットスーツに関しては、上着は前開きになるタイプになります。

この前開きタイプのウェットスーツは大会の公式ルールでは禁止にされていることも多くあります。そのため、前開きタイプを購入したいと考えている方は、自分の参加したい大会のルールなどをしっかりと確認するようにしましょう。反対に参加したい大会がまだ決まっていない方、たくさんの大会に参加したいと考えている方の場合には、前開きタイプは避けるようにしましょう。

脱ぎやすいものでレースもスムーズに

ウェットスーツ4

何度もご紹介していますが、やはりトライアスロンでタイムを競う場合に注目したいポイントとして、ウェットスーツの着脱が簡単かどうかが大切になります。スイムの後はバイクですが、スイムが終わった後にウェットスーツを脱いで、バイクに乗る準備をしている時間も少しでも短縮してタイムを縮めたいと思う方も多いはずです。そのため、動きやすさや保温性はもちろんですが、その他にも着脱のしやすさについて確認をしておきましょう。簡単に着脱できるものを選ぶことで競技の時間を短縮することもできますし、さらにストレスにもなりません。

試着をしてから購入する

ウェットスーツ5

ウェットスーツを購入する際には、まず試着をしてから購入するようにしましょう。最近では通販などで商品を見なくても簡単に購入することができますが、実際に店頭に行って試着をして買うことをおすすめします。

なぜなら、ウェットスーツのサイズ感はメーカーによっても異なりますし、何より自分の体に合うサイズのものでなくては、スイムを行っている最中に動きにくさを感じる可能性もあります。そういった問題を防ぐために試着が大切なのです。トライアスロン用品の専門店はもちろん、トライアスロンコーナーを扱っているスポーツショップなどをぜひ見てみてください。

また、そういった店舗が主催する試着会と言われるものも存在するので、ぜひ行ってみてください。もちろん、ウェットスーツの品揃えは店舗によって様々です。そのため、様々な店舗に行って自分に合うウェットスーツを探すことが大切です。多少面倒に感じるかもしれませんが、ぜひ探してみましょう。また、通販に関してはあまりお勧めはできませんが、価格は安いことも多いためリスクがあっても良いという方は買ってみても良いかもしれません。

オーダーメイドでしっかりフィット

ウェットスーツ6

ここまでトライアスロンで使用するウェットスーツのおすすめの選び方についてご紹介してきました。最後におすすめなのは、オーダーメイドで一から作ってもらうということです。

既製品のウェットスーツは、オーダーメイドのウェットスーツに比べると比較的安価で購入することのできるものもあります。また、生地に関しても薄く柔らかいため泳ぎやすいようです。ですが、既製品はどうしても平均的なサイズに合わせて作られているため、オーダーメイドのウェットスーツと比較すると密着感にも違和感があることもあります。そのため、様々なウェットスーツを試着してもちょうどいいサイズのウェットスーツがなかなか見つからないという場合には、ぜひオーダーメイドも検討してみましょう。

オーダーメイドのウェットスーツの場合は、サイズがぴったりに作られるのはもちろんのこと、着脱も楽に行うことができます。ですが、オーダーメイドのウェットスーツは実際に採寸をして、型紙を作って、そこから作り始めます。そのため、完成するまでに多少の時間が必要になります。トライアスロンの大会に出場が決まってから作っていたり、トライアスロンのシーズンになってから慌てて作ろうとしても、混んでしまって間に合わないということもあるので、できるだけ早めに注文をしておきましょう。

また、トライアスロンを初めて挑戦したいという方は、オーダーメイドのウェットスーツを注文するのは少し待ってください。トライアスロンを始めると筋肉や脂肪の増減によって体型も変わっていきます。そのため、せっかく作ったウェットスーツがブカブカになったり、ぴちぴちになってしまうという可能性もあります。最近では体型が変わってしまってもサイズを変更してくれるお店もあるようなので、作る前にあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

HMBサプリバナー
FAQ教えて!ほりすけ
                   
                           運営者情報