トライアスロン初心者ガイド Road to triathletes » アスリート向けコラム » チームで競うトライアスロンリレーの魅力とは

チームで競うトライアスロンリレーの魅力とは

がっちり組み合った手

トライアスロンはひとりで3つの種目をこなすため、強靭な体力と運動神経が必要と思われがちです。また、孤独で過酷な競技というイメージもあるかもしれません。しかし、トライアスロンリレーならチームで競い合うことも可能です。今回は、初心者にもおすすめのトライアスロンリレーの魅力についてご紹介します。

トライアスロンリレーとは

走る男性

まずトライアスロンリレーとはどのような競技なのか知っておきましょう。概要からご説明します。

トライアスロンリレーの概要

トライアスロンはスイム、バイク、ランの3種目で競うスポーツ。なかでもトライアスロンリレーは、3人もしくは2人でスイム、バイク、ランをつなげていく競技です。担当するのは3種目の中のひとつでいいため、どれか1種目でも完走することができれば参加できます。トライアスロンは個人での参加以外に、リレーや駅伝のようなチーム種目もあるのです。

トライアスロン駅伝との違い

同じチーム競技であるトライアスロン駅伝は、トライアスロンリレーとは異なります。トライアスロン駅伝の場合は、3人それぞれがトライアスロンを行います。そのため、参加するには3種目すべてを完走できるようにしておく必要があります。

トライアスロンリレーの魅力とは

トライアスロンのバイクレース

トライアスロンリレーには、個人種目とはまた違った魅力があります。トライアスロンがチーム種目になると、どのような魅力が生まれるのでしょうか。

チームでの一体感を味わえる

トライアスロンのチームは、仲間同士でも、トライアスロンクラブなどでランダムに組んだチームでも構いません。チームを組むことで、チームメンバーがトラブルなくバトンを繋ぐことができるかというドキドキ感があります。完走したときには、ひとりでは得られない一体感を味わえるでしょう。

チームのため普段以上の実力を発揮できる

トライアスロンは一人で戦うものと考えている人は多いかもしれません。トライアスロンリレーの場合、個人的に頑張るのはもちろんのこと、チームのために力を尽くしたいというモチベーションも生まれます。そのため一人では発揮できないような力を出すこともできるでしょう。

普段はそこまでタイムにこだわらないという人も、チームメンバーのために少しでも良いタイムを出そうとして全力を出し切ることにつながります。

スポーツとしてのスピード感が楽しめる

個人種目としてのトライアスロンはひとりで3種目を完走しなければならず、ペース配分が重要になります。チームで戦うトライアスロンリレーでは、後の競技にかかる体力を心配する必要がありません。そのため、ひとつの種目に集中して力を注ぐことができ、よりハイスピードで競技が進行します。

それぞれがひとつの種目に全力を出し切るためゲーム性も高く、観戦している側も熱中して応援できるのではないでしょうか。

男女混合である

スポーツには、男女が競技として分けられているものも多くあります。しかしトライアスロンリレーの場合、男女混合で楽しむことも可能です。それぞれ1種目ずつなので、体力に自信がなくても自分の得意な競技で挑むことができます。

トライアスロンの未経験者でも、まずは1種目だけというようにハードルを下げて参加できるのは大きな魅力のひとつでしょう。

チームの組み方で楽しめる

種目ごとに交代して挑むトライアスロンリレーは、チームの組み方で戦略的に楽しむことができます。例えば種目ごとに最速の選手でチームを組むことも可能です。また、チームの組み方で全く新しい戦い方が生まれる戦略性も、大きな魅力といえるでしょう。

トライアスロンリレーは初心者のデビューにおすすめ

トライアスロンの水泳レース

トライアスロンの経験がなく、運動経験が少なかったり体力に自信がなかったりした場合、参加できないかなと諦めてしまう人がいるかもしれません。また、スイムなど苦手な種目がある人もいるでしょう。しかしトライアスロンリレーならひとつの種目だけで大丈夫なので、初心者でも難易度を下げてトライアスロンにチャレンジできます。

トライアスロンリレーに出場してから、他の種目にチャレンジして個人のトライアスロンにステップアップするのもいいでしょう。個人でトライアスロンを完走するための足がかりとしても、トライアスロンリレーはぴったりです。

まとめ

バイクに乗る男性

トライアスロンリレーは、陸上競技や水泳のリレーとはまた違う魅力があります。チームで競い合う姿は、観戦する側からの見ごたえも十分。トライアスロンの大会でもリレー部門を設置している大会が多くあります。これからも熱い注目が予想されるでしょう。

HMBサプリバナー
FAQ教えて!ほりすけ