トライアスロン初心者ガイド Road to triathletes » 【トライアスロン種目3】ランニング » アームカバー

アームカバー

トライアスロンで使用できるアームカバーのおすすめ人気ランキング10選

トライアスロンのバイク・ランを行う際におすすめなのがアームカバーです。特に、紫外線対策を徹底して行いたいと思っている方はぜひ使用してみてください。使用しても使用しなくてもタイムが変わるというわけではありませんが、使用することでレース後の肌も焼けるのを防ぐことができるはずです。

2019.11.08.

アームカバーとは

まず最初にアームカバーとはどのような目的があって使用するのかについてご紹介していきます。アームカバーという名前の通り、腕につけることのできるカバーのことです。夏場、太陽が照りつける暑い日に、腕にアームウォーマーのようなものをつけて運動をしている方を見たことがあるのではないでしょうか?実はそれがアームカバーなのです。アームカバーは紫外線対策にとても効果的なアイテムで、特に夏場など紫外線対策が必要な時に使用することが大切です。

紫外線を浴びることで起きる問題

紫外線対策をする必要があるといっても、実際紫外線を浴びてしまうとどのようなデメリットがあるのか、あまり詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか?

日焼けはするだろうけどあまり日に焼けない体質だし…。ですが、紫外線を浴びることで起こるデメリットは日焼けだけではないのです。そこで、紫外線を浴びることで起きる問題についてご紹介していきます。

日焼け

まず最初に日焼けです。これは皆さん知っているかと思いますが、実は日焼けのスピードはとても速く、紫外線が肌にあたり始めてから約3分後と言われているのです。

もちろん日焼け止めを使用するというのも手段としては良いのですが、トライアスロンをする際にスイムでは水の中に入ってしまいますし、バイク・ランでは汗をたくさんかくことになるかと思います。ウォータープルーフの日焼け止めを使用していても、どうしても流れてしまうことがあります。そこで、アームカバーを使用すれば落ちる不安もなくしっかりと日焼け対策を行うことができるのです。

また、日焼け止めで腕全体を均一に塗るというのはなかなか難しく、どうしてもムラができてしまうこともありますが、そういったこともアームカバーなら防ぐことができるのでおすすめです。

肌荒れ

次に肌荒れです。紫外線を浴びることによって、皮膚の潤いを保つ役割のあるバリア機能が低下してしまいます。そうなることで肌が荒れてしまうのです。また、バリア機能が低下することでシミやシワができやすくなってしまうため、気を付けましょう。

疲労感

私たちの体は紫外線を浴びると活性酸素が発生します。活性酸素が発生することで疲労をより感じやすくなり、さらにランでは腕を振ることによってより疲労が溜まりやすくなってしまいます。

ですが、アームカバーを着用することで紫外線から腕を守ることができるため、活性酸素の発生も抑制することができますし、さらにアームカバーの着圧によって血行を良くすることができ、腕の疲労感を軽減・抑制することができるのです。

また、アームカバーをつけることで肌を覆ってくれているため、万が一レース中に何かあっても軽い怪我であれば守ることもできます。

免疫力の低下

紫外線を大量に浴びてしまうと免疫力も低下してしまいます。すると、感染症にかかりやすくなるため、トライアスロンなど山の中を移動する競技ではその分危険もありますし、海外のレースに参加したいと考えている方の場合は、海外で体調を崩してしまうのも不安ですよね。紫外線は免疫力を低下させることもあるので、十分に気を付けてしっかりと対策をしておきましょう。

皮膚がんのリスク

最後に皮膚がんです。紫外線を浴びるとがんになるというのは聞いたことのある方も多いかと思います。それは冗談なんかではなく、本当に紫外線を大量に浴びてしまうことで皮膚がんになってしまう可能性があるのです。

もちろん個人差や遺伝なども関係してくるかとは思いますが、少しでもがんになる可能性を消すために、紫外線対策を行いましょう。

アームカバーを選ぶポイント

スポーツ用

アームカバーを選ぶ際、まず最初に注目したいのはスポーツ用かどうかです。アームカバーといっても実は用途に応じて大きく2種類に分かれます。日常用とスポーツ用です。それぞれどのように異なるのか、確認していきましょう。

日常用

まず最初に日常用についてです。日常用は普段の日常生活、買い物などの外出時につけておくことのできるアームカバーになります。日常生活で気軽に使用することができるように作られているため、素材は柔らかいコットンや麻、ポリエステル、シルクなどがあり、肌触りも良いものが多いです。つけ心地に関しては、ぴったりとタイトなものから、ゆったりと締め付け感のないものまで様々なので、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

もちろん目的は紫外線対策なので紫外線カット効果もあります。お出かけはもちろん、車の運転の際にもつけておくことで肌を紫外線から守ることができます。

何よりスポーツ用のアームカバーと違うのは、デザイン性です。デザインには様々なものがありますが、日常用は柄や色、またリボンやレースなどの装飾が付いていることもあるため、女性にとても人気の高いアームカバーになります。

スポーツ用

次にスポーツ用のアームカバーについてです。スポーツ用のアームカバーの場合、付け心地は基本的にぴったりとフィットするものが多く、デザインや色に関しても基本的にシンプルなものが多く、男性でも気軽に使用することができます。もちろんアームカバーなので、本来の目的である紫外線対策の効果を感じることができます。

最初にスポーツ用のアームカバーはフィットするものが多いとご紹介しましたが、フィット感があることでスポーツをする上で大切な役割になっていることがあります。

それは、血行促進効果と疲労軽減効果です。フィット感のあるアームカバーを使用することによって、血行も促進されるため体内へ老廃物が溜まりにくくなり、運動時に起きやすい体の痛みも起こりにくくなります。また、腕全体を適度に圧迫することができます。

そうすることでランニングなど腕を振る際の動作を軽く、スムーズにすることができます。スポーツ用のアームカバーには伸縮性も備わっています。そのため、腕を動かす際に腕の動きを邪魔することもありません。伸縮性のおかげで肌への密着感も心地よくなります。また、どうしても腕を動かしている中で疲労感は感じるようになります。ですが、アームカバーが腕にぴったりとフィットすることによって、筋肉を程よく固定することが可能になります。

そのため、腕を動かしている間の筋肉の無駄な動きを軽減させることができるので、腕が通常よりも疲れにくくなり疲労感を軽減することができるのです。

UVカット率

アームカバーは本来紫外線をカットするために使用するため、UVカット率についてもしっかりとチェックする必要があります。最近では商品に丁寧にUVカット率について書かれていることがほとんどなので、その表記を目安に見ていけば良いでしょう。UVカット効果については、生地の厚さや繊維の密度によって効果が変わってきます。夏に暑いからと薄い記事のものやメッシュなどの密度の低いものであれば、付け心地は快適でもUVカット率が低くなってしまいます。

そのため、UVカットをしたいのであればできるだけ生地が厚いもの、また繊維の密度ができるだけ高いアームカバーがおすすめです。また、UVカット効果のあるアームカバーには、素材に予めUVカット剤を練りこんだものと、完成しているアームカバーにUVカット効果を付着させたものの2 種類があります。予め線維にUVカット剤を練りこんだアームカバーはUVカット率も高く、長期間使用しても効果が薄れることはあまりありません。

反対に、既に完成しているアームカバーに上からUVカット効果を付着させているアームカバーは、洗濯をしたり使用している間に段々ととれてしまい、効果が薄くなってしまうことがあります。価格にも表れており、練りこまれたものは比較的高価で、反対に付着させたものは比較的安価で購入することができます。また、UVカット率だけではなく、UPF指数にも注目をしましょう。

UPF とは「UVProtection factor」の略になります。日本語では「紫外線保護指数」のことで、紫外線からどの程度肌を保護することができるかを表した数値になります。数値が高ければ高いほど、紫外線から肌を保護する効果も高くなるので、UVカット率と一緒にUPF指数についてもチェックしておきましょう。

どんなにUVカット率の高いアームカバーでも、効果を持続させることのできる期間は約2~3年間と言われています。そのため、5年も使用し続けていると効果もその分なくなってきているため、適度に買い換えることが大切になります。

サイズや長さ

アームカバーには様々なサイズ・長さのものがあり、肘下や二の腕、手の甲、指先までとその種類は様々です。もちろん長さに関しては好みもありますが、できるだけ肌が露出しないような長さのアームカバーを選ぶようにしましょう。長さを間違えると、中途半端に日焼けをしてしまうということもあります。指先まで覆うタイプは運転をする際などに良いかもしれませんが、運動中は少し使用しにくいかもしれません。

ウェアによっても長さは異なるかと思いますが、装着感が気にならないようであれば、二の腕部分から手首までをしっかりと覆うことのできるアームカバーがおすすめです。

その他着用感が気になるようであれば肘までのものにしたりと、自分の好みで長さを選びましょう。サイズ感に関してもとても大切です。何となくでサイズを選んで使用してみると、使用している最中にしっかりとフィットしておらず段々と落ちてきてしまう可能性があります。

もちろん、袖口などには滑り止めが付いていることも多いのですが、サイズを間違えることによって効果もしっかりと得ることができません。

反対に小さすぎても締め付け感が強く気になってしまうでしょう。実際に店舗で購入する際には腕を通してみることも大切ですし、インターネットなどで購入する場合には、実際の商品を見ることができないのでサイズを測り、自分に合うアームカバーを見つけるようにしましょう。

便利な機能

アームカバーは紫外線をカットするという目的が主になりますが、それ以外にも様々な機能のあるアームカバーが発売されています。

そこで、アームカバーの様々な機能についてご紹介していきます。どれもあると便利だと感じるものばかりですので、ぜひアームカバーを選ぶ際の参考にしてみてください。

通気性

アームカバーをつけて運動をしていると、どうしても汗をかいてしまうのでアームカバーの中で汗が蒸れてしまうこともあります。すると、痒みを感じるようになるなど、様々な不便を感じるようになることがあります。

そこで、運動時に使用できるように通気性のあるアームカバーがおすすめです。メッシュ素材を腕の内側部分に施しているアームカバーは通気性が良く人気です。

速乾性

こちらも汗をかくことで蒸れてしまうことを防止するための機能です。速乾性は名前の通り乾くのが早いため、汗をかいても通常のアームカバーよりも早く乾かすことができます。

アームカバーを使用していて、どうしても気になる汗や嫌なニオイをできるだけ早く取り除いてくれるため、特に夏の暑い時期やスポーツをする際に使用したいと考えている方におすすめのアームカバーです。汗による不快感を取り除いて、競技に集中できるはずです。

冷感素材

こちらも暑い夏やスポーツでアームカバーを使用したいという方におすすめの機能です。運動中に長袖を着るような感じになるので、あまりアームカバーは使用したくないと考えている方も多いかもしれません。そんな方におすすめなのが接触冷感素材です。

名前の通り、触れるとひんやりと冷たく、涼しく感じることのできる素材でできています。夏用の寝具などにも使用されることが多く、さらに動くことで肌に触れることが多くなるためさらに涼しさを感じることができます。肌を露出して動くよりも涼しく感じることができるのでおすすめです。暑さによって体力を消耗してしまうことも多く、夏の運動には危険があります。その際に接触冷感素材で作られたアームカバーを使用することで、疲労感はもちろん、体力の消耗も軽減することができます。

防寒素材

反対に冬場に使用したいという方には、防寒効果のあるアームカバーがおすすめです。冬はトライアスロンの大会が開催されるということは少ないですが、トライアスロンだけではなく、様々なスポーツを行っている方には、とてもおすすめです。

もちろん長袖のウェアを着ることでも防寒対策を行うことはできるのですが、アームカバーであれば肌により密着しているため、より防寒効果の高いものになります。動いているうちに段々と体が温まってくるはずなので、そしたらアームカバーを下げたり外すことで体温を調整していきましょう。

素材や色、デザイン

アームカバーには様々な種類がありますが、その中でも素材や色、デザインも様々なものがあります。そこで、素材や色、デザインについての選ぶポイントをご紹介していきますので、ぜひ見てみてください。

素材

最初に素材についてご紹介していきます。素材といってもアームカバーに使用されている素材には様々なものがあります。アームカバーを使用する際の一番の目的でもあるUVカット効果については、ポリエステルやポリエステルと綿の混紡になっているものが、最も効果の高いものになります。トライアスロンの大会が多く開催される夏におすすめの素材は何でしょうか?

それは、メッシュ素材です。メッシュ素材は網目状になっているため通気性がとても良く、汗をかいても蒸れにくくなっています。アームカバーによってはすべてをメッシュ素材でできているものの他に、内側だけメッシュ素材を使用しているものもあります。すべてがメッシュになっているとUVカット効果がその分薄れてしまうのですが、通気性はとても良いので汗をかくとかぶれてしまいやすいという方におすすめです。

また、すべてがメッシュになっている場合には、日焼け止めなどを併用することで日焼け対策もより行うことができます。日焼け対策を徹底したいという方は、内側だけがメッシュになっているものがおすすめです。

接触冷感素材もとてもおすすめですがその中でもポリエチレンで作られているものは、他の素材と比べても効果が高くおすすめです。また、麻にも同様の効果がある他、汗などの吸収・放出ができるため、長時間つけていても不快感をあまり感じずに済みます。肌があまり強くなく、少しでも着用していると肌が荒れてしまうという方もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、肌にやさしい素材です。アトピー肌や敏感肌の方に特に人気の高い素材は、オーガニック素材です。オーガニック素材は化学薬剤を使用しない素材なので、安全に使用することができます。また、コットンやシルク素材も肌に優しいだけではなく、付け心地も良く肌触りも気持ちの良いものです。特にシルク素材の場合、綿などと比べても吸湿性が高いため、夏場でも使用することができます。

色・デザイン

次に色やデザインについてです。最近ではアームカバーといっても様々なデザインや色のものが発売されています。そのため、自分の好きなものや、つけていて気分の上がるものを選ぶことがおすすめです。

男性の場合は特にリボンやレースなどが付いているものはあまりつけたいと思う方が少ないかと思います。カラーなどで好きなものを選んだり、自分の持っているウェアとのバランスなどを考えても良いかもしれません。

アームカバーの人気おすすめランキング10選

アームカバーの注意点

揃えておきたい道具一覧

HMBサプリバナー
FAQ教えて!ほりすけ