トライアスロン初心者ガイド Road to triathletes » トライアスリートになるために揃えておきたい道具一覧 » 腕時計 » トライアスロン用腕時計のおすすめ人気ランキング7選

トライアスロン用腕時計のおすすめ人気ランキング7選

7位 GARMIN ForeAthlete225J

腕時計の画像
重量 約54g
価格 36,504円
移動時間 約10時間

商品の特徴

光学式の心拍計を内蔵している腕時計になります。また、計測した心拍数を元に、運動強度を5段階にして表示されるため、現在の運動強度が一目で分かるようになっています。また、GPS機能に関しては日本の衛星であるみちびきに対応しています。Bluetoothで接続することで現在地をリアルタイムでSNS に発信することのできる機能もあり、とても便利な仕様になっています。カラーディスプレーやバイブレーションなど、その他にも便利な機能がたくさんの腕時計です。

6位 POLAR M200

腕時計の画像
重量 約44g
価格 17,798円
移動時間 最長6日間

商品の特徴

GPSを内蔵しているのはもちろんのことで、スピードや距離、走行ルートをしっかりと記録してくれます。また、5キロマラソン・10 キロマラソン・ハーフマラソン・フルマラソンと目標とする距離と日にちを設定することで、毎日のランニングプランも作ってくれるので、自分でプランを設定することが苦手な方でもそのプランに合わせて走ることで、成長していくことができるのでとてもおすすめの腕時計です。また、アプリとの連動も可能なのでぜひ試していただきたい腕時計です。

5位 GARMIN ForeAthlete 35J

腕時計の画像
重量 約37.3g
価格 24,800円
移動時間 最大13時間

商品の特徴

光学式心拍計を使用することで、場所を問わずにいつでも簡単に手首で心拍数を確認することができるハイテクな腕時計です。GPSが内蔵されているため、距離や速度、コースなども分かりやすく、その他にもミュージックコントロールをする機能も付いているため楽しみながら、また腕時計の手軽さも実感することができます。もちろん、通常の時計としても使用することができるので、普段使いとして、また練習のためにもぜひ使用してみてください。

4位 GARMIN ForeAthlete 935

腕時計の画像
重量 約49g
価格 62,424円
移動時間 最大21時間

商品の特徴

スポーツ用の腕時計はどうしてもデザインが少し派手だったり、ごつかったりと、あまり日常的には使用しにくいデザインのものが多いのですが、この腕時計はとてもシンプルでスマートなので、日常生活で使用してもおしゃれとして楽しむことができます。もちろん機能も充実していて、昨日の自分とタイムを競ってみたり、さらにStrava Premiumと同期することでリアルタイムの人と競争をすることも可能になり、モチベーションを比較的保ちやすくなるはずです。

3位 SUUNTO SPARTAN SPORT WRIST HR

腕時計の画像
重量 約74g
価格 77,760円
移動時間 10~40時間

商品の特徴

この腕時計はなんと80 種類以上ものスポーツモードが搭載されているため、トライアスロン以外にも様々なスポーツを行っている方におすすめです。それぞれのスポーツに特化した測定基準によって、豊富なデータを表示してくれます。耐久性はもちろん、稼働時間も比較的長いためレース中にバッテリー切れになるということも少なく、とても便利な腕時計です。また、カラーバリエーションが豊富なためファッションや利用シーンに合わせて選ぶことも可能です。

2位 EPSON WristableGPSQ-10

腕時計の画像
重量 約40g
価格 14,040円
移動時間 約13時間

商品の特徴

5気圧防止の防水機能のある腕時計のため、雨や汗だけではなく、スイム中に使用していても安心です。ランニング中には現在の自分のペースを簡単に確認することができるだけではなく、終わってからも履歴として振り返ることができます。また、日常でも使用できるように毎日の活動量を表示する機能があり、7日間の活動量をグラフで確認することができます。カラーもシンプルなものから少しおしゃれなものまであるので、毎日が楽しくなりそうな腕時計です。

1位 GARMIN ForeAthlete 235J

腕時計の画像
重量 約42g
価格 32,184円
移動時間 約9~11時間

商品の特徴

人気が高いとされている手首に装着をしただけで心拍データを計測することのできる、腕時計になります。さらに、性能が向上したことによって最大酸素摂取量と運動強度の目安まで計測することが可能となり、より便利な腕時計になりました。また、最大酸素摂取量を計測することが可能になったことで、距離に応じたタイムを予想する機能も付いているため、走力レベルを把握することができ、さらなる強化のための改善点も見つけることができるはずです。

トライアスロン用腕時計Top

トライアスロン用腕時計の使い方

HMBサプリバナー
FAQ教えて!ほりすけ