トライアスロン初心者ガイド Road to triathletes » アスリート向けコラム » ディスクブレーキ搭載のロードバイクってどんなもの?特徴や取扱いの注意点について

最新ロードバイク用のディスクブレーキ
特徴や取扱いの注意点について

ロードバイク

そもそもディスクブレーキとは?

そもそも、ディスクブレーキとは、これまで主流だったリムブレーキにとって代わるのではないかと言われている新しいブレーキシステムです。また、ディスクブレーキシステムを搭載したロードバイクをディスクブレーキロードバイク(ディスクロード)と呼びます。

ディスクブレーキは、前後輪のタイヤ中央、ハブに固定された円盤型の金属をフロントフォークとリアエンドに取り付けたブレーキキャリパーで挟んで制動させます。基本的にはリムブレーキも同じようにタイヤを挟んで制動するのですが、挟む部分の違いや種類などから使い勝手に差が出ています。

ディスクブレーキとリムブレーキとの違い

ディスクブレーキとリムブレーキの違いは、タイヤを押さえて制御する場所です。ディスクブレーキがタイヤ中央を制御するのに対し、リムブレーキはタイヤの外側のリムで制御します。ディスクブレーキは金属の円盤をブレーキキャリパーについたレジンやメタルのブレーキパッドで止めますが、リムはアルミやカーボン製で、それをゴムのブレーキパッドで止める仕組みです。

油圧式と機械式の2種類がある

ディスクブレーキには油圧式と機械式の2つのタイプがあります。どちらも基本的な制動方法は変わりませんが、ブレーキレバーからブレーキキャリパーまで力を伝える方法が異なります。

油圧式は液体で満たされたホースがブレーキレバーからキャリパーまでつなげられ、その油圧によってブレーキパッドを動かす仕組みです。機械式はリムブレーキと同じで、金属ケーブルを使って力を伝えます。

ディスクブレーキのメリット・デメリット

リムブレーキと比較されることの多いディスクブレーキですが、実際の使い勝手はどうなのでしょうか?メリット・デメリットをチェックして使いやすさを比較してみましょう。

メリット:天候に左右されない安定したブレーキ機能

ディスクブレーキはリムブレーキと比べて天候に左右されにくいと言われています。タイヤの外側にあるリムブレーキよりも中央にあるディスクブレーキの方が、路面の水たまりや泥などの影響を受けにくくなっているためです。屋外のスポーツをするにあたって、悪天候に強いのは大きなメリットとなります。

メリット:カーボンホイールの選びやすさ

ディスクブレーキは制動する際にリムを使わないため、ホイール選びが自由になります。たとえば、熱の問題を気にせずに、カーボンホイールを使うことも可能です。軽量化を考える人にはメリットとなりそうです。

メリット:レバーの引きが軽い

特に油圧式で言えることですが、ブレーキレバーを軽い力で握っても、十分にブレーキングができます。手の力が弱い人などにはうれしいメリットです。また、長く続く下り坂などでは楽に制動でき、さらにリムがダメージを負いません。

デメリット:リムブレーキモデルより重量が重い

ディスクブレーキのデメリットとしては、リムブレーキのモデルと比較して重量が重くなりがちな点です。構造上部品一つ一つがリムブレーキと比べるとやや重めになっています。また、ディスクブレーキでは円盤が入るスペースが必要となるため、リアエンドの幅も広めです。

ディスクブレーキの取り扱いで注意したいこと

注目度は高いものの、まだ実際に利用したことがない人も多いディスクブレーキ。一足先に使ってみたいなら、取り扱いでの注意点を十分に確認しておきましょう。

ディスクローターに触れない

ディスクブレーキは、ディスクローターが少しでも傾いたり曲がったりするとブレーキングだけでなく走行そのものもできなくなるリスクになります。そのため、ディスクローターには触れず、移動や休憩の際に倒さないよう注意を払うことも必要です。

エアの混入

メリットも多そうな油圧式ですが、ブレーキホースにエアが入るとブレーキの利きが悪くなる恐れがあります。エア抜きは手間がかかりディスクバイク初心者には大変なので、ブレーキオイルの管理をしっかりとしておくことが大切です。

メンテナンスについて

油圧式

ディスクローターとブレーキパッドのクリアランスを一定に保つ機構があるので、メンテナンスが比較的楽なディスクブレーキです。半年か1年に一度のブレーキオイルの交換が必要となります。

機械式

ブレーキパッドの減りに合わせてディスクローターとブレーキパッドのクリアランスの細かい調整が必要です。また、ワイヤー類の劣化に合わせて交換の必要もあります。

企画概要

ディスクブレーキの基本的な知識や特徴などを紹介しました。ディスクブレーキはこれまでのリムブレーキとは違ったメリットがあり、魅力的ですがデメリットや注意点もあるので、慎重に選択しましょう。

タグ
おやつ肩こりおすすめ痩せる無酸素運動効果的レッグスライダー翌日チートデイ代謝食べ物食べ過ぎカラダスキャンオムロン対策ワキガ予防食品市販腹持ち人気メーカー体重計アナログシンプルボディソープ体臭加齢臭匂い香りサドルカバーインナースキャンデュアル精度スマホタニタ体組成計コアトレーニングフォームローラーヨガトレーニングベンチ食事制限アプリ減量室内家でできるビンディングシューズUVケア普段使いバーンマシンボディクリームいい香りプチプラお腹痩せバランスディスク体幹筋肉乗り方ブランド運動100回スクワット3万円太る錠剤できない原因筋力ジャイアント違いシマノホイール運動前運動後オートミール腎臓飲み過ぎ体に悪い肝臓過剰摂取寝る前飲む時間フィットネスバイク運動不足有酸素運動負荷エアロバイク体重増加理由期間ニキビコラーゲン摂りすぎ美容栄養豆乳牛乳粉末飲む量1日ウィダー自宅ハムストリングス美脚固定式ダンベルデッドリフト何kg男性重量アジャスタブル可変式お腹ロシアンツイストバーピージャンプHIIT時間細菌作り置きフィットビット睡眠足首スマートウォッチ交換お尻痛くならないサドル測り方サイズ自転車安全基準ポイント俊敏姿勢アジリティトレーニング運動しない食事カロリーリハビリメディシンボールゴルフ野球負担プッシュアップバー前腕回数頻度握力服装重さシューズケトルベルメンズ最強必要チンニングスタンド懸垂マシントレーニングチューブぶら下がり健康器細いおしゃれクロモリボーリングテープ用途貼り方リバースプランク見た目胃下垂改善直し方腹斜筋サイドベントダイナミックストレッチアクティブストレッチ簡単体型ベンチプレスダサいチキンレッグバックプッシュアップ広背筋デクラインダンベルプレス大胸筋ワイドプッシュアップフォーム腕立て胸筋腹筋部位メニュージム商品紹介料理まずいWPI安いクロスバイクコスパ断食ファスティングタイミング置き換えImpact海外クロストレーナー消費カロリー太りたい増量体重飲み方ビーレジェンド乾燥剤保存アイテム瞬発力呼吸無呼吸腕立て伏せ方法シェイカー口コミキックボード鍛え方背筋やり方上腕二頭筋ダンベルカール僧帽筋鍛える腹筋ローラー10キロ初心者活用女性特徴上腕三頭筋注意コツダンベル痩せるダイエット作り方ケーキパンケーキレシピSAVASザバススポーツアイテム選使い方筋トレタンパク質人気プロテインバーヨガマットデメリット持ち運びメリット折りたたみインソール100円均一アンクレット活動量計メーカーおすすめ選キャンドゥ容器セリア代用ダイソー100均ハンドグリップ効果種類50m走オススメ早く走る方法練習HMBヘルメット有名人ウルトラマラソン宮古島トライアスロンカルシウム東京オリンピックスポーツジムストレッチマラソン大会マラソンランニングシューズソイプロテインサプリスイムキャップ選び方ウエットスーツレースHMBサプリHMBプロテインプロテインサングラス日焼け止めロードバイク佐渡トライアスロンブログホエイプロテインサプリメントトライアスロン部運営者情報コラムトライアスロントレーニングバイクスイムランニンググッズ
HMBサプリバナー
タグ