トライアスロン初心者ガイド Road to triathletes » 【トライアスロン種目1】スイム » ゴーグル曇り止め » ゴーグルの曇り止めの使い方

ゴーグルの曇り止めの使い方

スプレータイプの使用方法

まず最初はスプレータイプの使用方法についてです。スプレータイプの場合、レンズに付いている汚れや皮脂などをきれいに洗い流し、乾燥している状態で使用しましょう。ゴーグルの内側に1~2回スプレーします。スプレーなので全体的に液をつけることができるので、その後水で軽く流して終わりです。とても簡単な方法なので小さい子どもでも簡単に私用することができます。

塗るタイプの使用方法

次に塗るタイプの曇り止めについてです。こちらもスプレータイプと同様に、レンズに付いている汚れや皮脂をしっかりと洗い流し、さらに乾燥している状態で使い始めます。曇り止めの液を内側のレンズ部分に1~2滴程度垂らします。

その後、指の腹など柔らかい部分を使って、やさしくムラのないように伸ばしていきます。この時あまり強く擦ってしまったり、爪を立てて擦ってしまうとゴーグルが傷ついてしまう可能性があります。きれいに伸ばすことができたら最後に水で洗い流していきます。この時指の腹を使って優しく洗い流しても良いですし、水を入れた容器につけてすすぐのも良いでしょう。その後しっかりと水分を拭き取りましょう。

スティック状の塗るタイプを使用する場合は、レンズに直接塗りこむことができるのですが、端などスティックでは塗り込めない部分もあるので気を付けましょう。

ゴーグルのお手入れ方法

ゴーグルを使用した後の正しいお手入れについてもご紹介していきます。

ゴーグルを使用した後は、水道水ですすいで汚れなどを洗い流しておきましょう。そうすることで、プールや海で付着した塩素や汚れなどをきれいに落とすことができます。

水だけでは落とすことができない汚れや皮脂が付着している場合には、無理に擦って取ろうとせずに、食器を洗う際に使用する洗剤を薄めて泡立てた容器に入れて、やさしくすすぎ洗いをしましょう。

これでも取れない場合、指で擦るのではなくコットンなどを使用してできるだけ優しく取り除きましょう。

洗剤を使用した場合は最後に必ず水道水を使用してきれいに洗い流すようにしましょう。多少の汚れは仕方ないと手入れをしていないと、特に油脂分の汚れは曇りの原因にもなってしまいます。

また、ゴーグルのレンズ部分以外にも、ベルト部分はゴム素材になっていることが多く、汚れや油脂をそのままにしていると劣化の原因に繋がってしまいます。洗い終わった後もゴシゴシと擦るようにタオルで拭いてしまうとゴーグルに傷がついてしまうため、タオルで優しく包んで持って帰るようにします。濡れたまま放置をしていたり、そのままケースに入れてしまったりすると、水あかやカビの発生に繋がる可能性がありますし、それを放置して使用していると肌がかぶれる可能性もあるので気を付けましょう。

さらに、濡れたタオルや水着を一緒に放置していると、たまに色移りをしてしまう可能性もあります。できるだけ早く乾かすように意識しましょう。

そして、帰宅後は陰干しをしてゴーグルが完全に乾いた状態で、ゴーグルケースに入れて保管しておきましょう。ミラー加工のされているレンズのゴーグルの場合はさらに取り扱いに注意が必要です。

ミラー加工のされているレンズ表面に万が一傷がついてしまうと、コーティングが剥がれてしまう可能性があります。剥がれてしまうと見た目的にもきれいではないですし、さらにせっかくのミラー加工の意味もなくなってしまいます。

ゴーグルの曇り止めの注意点

万が一目に入ってしまったら病院へ

曇り止めを使用していて万が一目に入ってしまった場合は、必ず病院へ行きましょう。肌や目に優しい成分を配合して作られているといっても、直接目に入ってしまうということはもちろん良いことではありませんし、傷みや赤みを感じる可能性もあります。

基本的に正しく使用していれば入ってしまうことはありませんが、万が一入ってしまった場合はかかりつけの病院でも良いですし、医療機関を受診するようにしましょう。

まとめ

今回はゴーグルの曇り止めをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは

ということです。

ぜひゴーグルの曇り止めを使って皆さんも視界のストレスなく泳いでいきましょう。

ゴーグルの曇り止めTop

ゴーグルの曇り止めのおすすめ人気ランキング6選

HMBサプリバナー
FAQ教えて!ほりすけ