トライアスロン初心者ガイド Road to triathletes » アスリート向けコラム » トライアスロンのパラリンピック競技について詳しく知ろう

トライアスロンのパラリンピック競技について詳しく知ろう

トライアスロンスタートの様子

トライアスロンには、障がいのある方に向けたパラトライアスロンと呼ばれる競技があります。2016年から正式競技となり、パラリンピックでも採用されている注目のスポーツです。こちらの記事では、パラトライアスロンの特徴や魅力を紹介します。

パラトライアスロンとは

パラトライアスロンの様子

トライアスロンとパラトライアスロンには、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。パラトライアスロンの競技内容や特徴、距離、トライアスロンとの違いをまとめてみました。

競技の概要

パラトライアスロンとは、トライアスロンと同様にラン・スイム・バイクの3種目を一人の選手がこなし、完走するスポーツです。選手はいかに早く完走できるか挑戦し、これらの合計タイムを競います。また、パラトライアスロンは障がいのある方が完走できるよう、安全に配慮したルール作りが行われているのも特徴的です。

競技は男女別のほか、PTVやPTSといった名称でクラス分けも行っています。

さらにそれぞれ障がいの程度に合わせて、2~4つのクラスへさらに分かれています。

距離

パラトライアスロンの距離は、国際大会で「スイム0.75キロメートル」「バイク20キロメートル」「ラン5キロメートル」と定められています。種目はスイム・バイク・ランの順。スイムは水中へ入った状態からスタートし、バイクは障がいに合ったタイプでレースに挑みます。ランも各クラスに合わせたルールで、走り抜きゴールする仕組みです。

トライアスロンとの違い

トライアスロンとの主な違いは、ルールやクラス分けにあります。パラトライアスロンのルールでは、PTVIクラスの選手に対してガイドが0.5m以上(スイムは1.5m以上)先行してはいけません。

PTVIクラスは上述したとおり、視覚障がいのある選手が参加できるレースです。このためガイドが並走しながら安全面に配慮しつつ、コースを案内します。もしガイドが先行した場合、10秒のペナルティタイムが課されます。ほかにもPTWC(車いすを使用するクラス)では、トランジション時に4m×2mの決められたスペースを超えて作業してはいけないルールです。

クラス分けについてはトライアスロンと違い、障がいの箇所や程度に応じて分けられています。

パラリンピックでのトライアスロンの歴史

パラトライアスロン用の車いす

障がいのある方が参加できるトライアスロン大会は、1980年代からすでに始まっていました。トライアスロンの誕生は1974年とされており、競技が生まれて間もなく、障害者の方もレースに参加していたことがわかります。

パラリンピックの正式競技として採用されたのは、2016年のリオパラリンピックから。東京パラリンピックでも正式競技として引き続き採用されており、選手の活躍に期待が集まっています。

パラトライアスロンの魅力とは

颯爽と風をきるトライアスロン選手

パラトライアスロンには、大きく二つの魅力があります。トライアスロンとは違った魅力も多く、感動を呼ぶレースに熱狂するファンも少なくありません。

モノと人の融合が魅力のレース

パラトライアスロンは、各クラスや障がいの程度に合わせて車いす・バイク・義手・義足などを活用し、レースを駆け抜けます。もちろんハンドサイクルなどの専用バイクを乗りこなすためには、選手の技術と日々のトレーニングが欠かせません。モノと人との融合、それが観る人を惹きつけるパラトライアスロンの魅力です。

人と人のつながりが魅力のトランジション

パラトライアスロンもトランジションはタイム計測されているので、いかにスムーズな切り替えができるかも見どころです。スピーディなトランジションを行うためには、チームメンバーによるサポートが必要不可欠。

ハンドラー(車いすクラスのサポートメンバー)やガイド(視覚障がいの選手を案内するメンバー)がトランジションのサポートを行い、スピーディに次の種目へ送り出します。

パラトライアスロンは、人と人とのつながりや助け合いを改めて考えさせてくれる魅力あふれるスポーツと言えるでしょう。

まとめ

泳ぐトライアスロン選手

パラリンピックでも開催されているパラトライアスロンは、ラン・バイク・スイムのタイムを競う混合種目です。トライアスロンと違い、モノと人との融合やサポートメンバーとの協力などにも見どころがあります。

これから開催される東京パラリンピックでも正式競技になっているため、トライアスロンとともにぜひ注目してみてはいかがでしょうか。

タグ
3万円太る錠剤できない原因筋力ジャイアント違いシマノホイール運動前運動後オートミール腎臓飲み過ぎ体に悪い肝臓過剰摂取寝る前飲む時間フィットネスバイク運動不足有酸素運動負荷エアロバイク体重増加理由期間ニキビコラーゲン摂りすぎ美容栄養豆乳牛乳粉末飲む量1日ウィダー自宅ハムストリングス美脚固定式ダンベルデッドリフト何kg男性重量アジャスタブル可変式お腹ロシアンツイストバーピージャンプHIIT時間細菌作り置きフィットビット睡眠足首スマートウォッチ交換お尻痛くならないサドル測り方サイズ自転車安全基準ポイント俊敏姿勢アジリティトレーニング運動しない食事カロリーリハビリメディシンボールゴルフ野球負担プッシュアップバー前腕回数頻度握力服装重さシューズケトルベルメンズ最強必要チンニングスタンド懸垂マシントレーニングチューブぶら下がり健康器細いおしゃれクロモリボーリングテープ用途貼り方リバースプランク見た目胃下垂改善直し方腹斜筋サイドベントダイナミックストレッチアクティブストレッチ簡単体型ベンチプレスダサいチキンレッグバックプッシュアップ広背筋デクラインダンベルプレス大胸筋ワイドプッシュアップフォーム腕立て胸筋腹筋部位メニュージム商品紹介料理まずいWPI安いクロスバイクコスパ断食ファスティングタイミング置き換えImpact海外クロストレーナー消費カロリー太りたい増量体重飲み方ビーレジェンド乾燥剤保存アイテム瞬発力呼吸無呼吸腕立て伏せ方法シェイカー口コミキックボード鍛え方背筋やり方上腕二頭筋ダンベルカール僧帽筋鍛える腹筋ローラー10キロ初心者活用女性特徴上腕三頭筋注意コツダンベル痩せるダイエット作り方ケーキパンケーキレシピSAVASザバススポーツアイテム選使い方筋トレタンパク質人気プロテインバーヨガマットデメリット持ち運びメリット折りたたみインソール100円均一アンクレット活動量計メーカーおすすめ選キャンドゥ容器セリア代用ダイソー100均ハンドグリップ効果種類50m走オススメ早く走る方法練習HMBヘルメット有名人ウルトラマラソン宮古島トライアスロンカルシウム東京オリンピックスポーツジムストレッチマラソン大会マラソンランニングシューズソイプロテインサプリスイムキャップ選び方ウエットスーツレースHMBサプリHMBプロテインプロテイン日焼け止めロードバイク佐渡トライアスロンブログホエイプロテインサプリメントトライアスロン部運営者情報コラムトライアスロントレーニングバイクスイムランニンググッズ
HMBサプリバナー
タグ