トライアスロン初心者ガイド Road to triathletes » アスリート向けコラム » トライアスロンのウェットスーツはどうする?レンタルのメリットデメリットを紹介

トライアスロンのウェットスーツはどうする?レンタルのメリットデメリットを紹介

トライアスロンのスイムを始める人々

トライアスロンを始めるにあたって準備するものはたくさんあります。シューズやバイクなどは練習で必ず使うため、すぐに購入を選ぶ人が多いかもしれません。しかし、スイムで使うウェットスーツは普段の練習には必要なく、大会前になって初めて購入するか、レンタルにするかを悩む人もいるでしょう。ウェットスーツをレンタルするメリットとデメリットをまとめました。

ウェットスーツはレンタルできる

泳ぐ男性

一般的にトライアスロンはお金がかかるスポーツといわれています。種目の1つバイクであれば、購入すると数十万を超えるのは当たり前です。種目のなかでは比較的お金がかからないスイムであっても、水着やゴーグルは必要です。特にウェットスーツは2~7万円程度と高価なものです。これからサイズが変わるかもしれない、トライアスロンを続けられるか自信がないという人は購入をためらってしまうでしょう。

そこでおすすめなのがトライアスロンのウェットスーツレンタルです。初心者の場合はいきなりウェットスーツを購入するのではなくレンタルで試してみましょう。

トライアスロンのウェットスーツをレンタルするメリットとは

丸とバツ

大会に出場できる

距離が短い大会を除いて、多くのトライアスロン大会のスイムでは海を泳ぎます。ウェットスーツは参加ルールで着用を義務づけられていることも多く、ウェットスーツがないとそもそも出場できないケースもあるのです。今までプールでの練習しかしておらず、エントリーした大会で初めてウェットスーツが必要になった場合はレンタルを利用するのが便利です。

保管やメンテナンスの手間を取らない

ウェットスーツを購入した場合、使わないときには自宅に保管することになるでしょう。ウェットスーツを保管する際は折りたたみ厳禁です。ウェットスーツを折りたたむとしわや折り目ができて機能低下、劣化の原因になるためです。ウェットスーツは、肩部分に負担が少ない幅広のハンガーにかけるか、折りたたまずに横に寝かせて保管する必要があります。

しかし、レンタルであれば使用後に規定のメンテナンスをして返送するだけなので、場所も手間もほとんどかかりません。

高価なウェットスーツもレンタルできる

トライアスロンのウェットスーツにはさまざまな価格帯のものがあります。ショップにもよりますが、購入すると高価なウェットスーツをレンタルすることもできます。

また、ウェットスーツには厚みなどメーカーごとに違いがあるため、レンタルすることで気になるメーカーのウェットスーツを気軽に試すことができます。初心者であれば、いきなり購入するよりも自分に合ったメーカーを見極めてから購入したほうが失敗は少ないでしょう。

水温に適したウェットスーツを都度選べる

トライアスロンのウェットスーツにはフルスーツのほか、ノースリーブのロングジョンがあります。フルスーツは効果的に空気抵抗を減らすことができる反面、真夏のレースでは熱がこもりやすいため、水温が高いときには熱を逃しやすいロングジョンが選ばれます。

大会の季節に合わせてベストなウェットスーツで挑むのであれば、フルスーツとロングジョン、両方のウェットスーツが必要かもしれませんが、コストやメンテナンスを考えると、両方揃えるのは難しいでしょう。しかし、レンタルであれば気温に合わせたタイプのウェットスーツを都度選べます。

ウェットスーツをレンタルするには

パソコンとスマートフォン

トライアスロンのウェットスーツをレンタルするにはレンタル業者に申し込みをしましょう。トライアスロンアイテムを販売しているお店でレンタルできることもあります。

近くにお店がない場合、インターネット上でも多くの業者がレンタルを請け負っています。ホームページ上では採寸表やサイズ表などがあるため、自分の体に適したウェットスーツを選びましょう。ウェットスーツが必要になる日程を入力して申し込みましょう。

大会直前になってしまうと希望のサイズやタイプが借りられないこともあるため、余裕をもってウェットスーツの手配をするのがおすすめです。大会が終わった後は決められた日までにウェットスーツを送り返します。詳しい内容は申し込む業者の規約を確認してください。

まとめ

海辺

ウェットスーツはすぐに用意しなくても、スイムの練習は始められます。初心者の人はまずレンタルでお試ししてお気に入りの1着を探しましょう。トライアスロンショップによっては、購入だけでなくレンタルすることもできます。レンタルを活用し、自分に合ったウェットスーツを見つけてください。

タグ
おやつ肩こりおすすめ痩せる無酸素運動効果的レッグスライダー翌日チートデイ代謝食べ物食べ過ぎカラダスキャンオムロン対策ワキガ予防食品市販腹持ち人気メーカー体重計アナログシンプルボディソープ体臭加齢臭匂い香りサドルカバーインナースキャンデュアル精度スマホタニタ体組成計コアトレーニングフォームローラーヨガトレーニングベンチ食事制限アプリ減量室内家でできるビンディングシューズUVケア普段使いバーンマシンボディクリームいい香りプチプラお腹痩せバランスディスク体幹筋肉乗り方ブランド運動100回スクワット3万円太る錠剤できない原因筋力ジャイアント違いシマノホイール運動前運動後オートミール腎臓飲み過ぎ体に悪い肝臓過剰摂取寝る前飲む時間フィットネスバイク運動不足有酸素運動負荷エアロバイク体重増加理由期間ニキビコラーゲン摂りすぎ美容栄養豆乳牛乳粉末飲む量1日ウィダー自宅ハムストリングス美脚固定式ダンベルデッドリフト何kg男性重量アジャスタブル可変式お腹ロシアンツイストバーピージャンプHIIT時間細菌作り置きフィットビット睡眠足首スマートウォッチ交換お尻痛くならないサドル測り方サイズ自転車安全基準ポイント俊敏姿勢アジリティトレーニング運動しない食事カロリーリハビリメディシンボールゴルフ野球負担プッシュアップバー前腕回数頻度握力服装重さシューズケトルベルメンズ最強必要チンニングスタンド懸垂マシントレーニングチューブぶら下がり健康器細いおしゃれクロモリボーリングテープ用途貼り方リバースプランク見た目胃下垂改善直し方腹斜筋サイドベントダイナミックストレッチアクティブストレッチ簡単体型ベンチプレスダサいチキンレッグバックプッシュアップ広背筋デクラインダンベルプレス大胸筋ワイドプッシュアップフォーム腕立て胸筋腹筋部位メニュージム商品紹介料理まずいWPI安いクロスバイクコスパ断食ファスティングタイミング置き換えImpact海外クロストレーナー消費カロリー太りたい増量体重飲み方ビーレジェンド乾燥剤保存アイテム瞬発力呼吸無呼吸腕立て伏せ方法シェイカー口コミキックボード鍛え方背筋やり方上腕二頭筋ダンベルカール僧帽筋鍛える腹筋ローラー10キロ初心者活用女性特徴上腕三頭筋注意コツダンベル痩せるダイエット作り方ケーキパンケーキレシピSAVASザバススポーツアイテム選使い方筋トレタンパク質人気プロテインバーヨガマットデメリット持ち運びメリット折りたたみインソール100円均一アンクレット活動量計メーカーおすすめ選キャンドゥ容器セリア代用ダイソー100均ハンドグリップ効果種類50m走オススメ早く走る方法練習HMBヘルメット有名人ウルトラマラソン宮古島トライアスロンカルシウム東京オリンピックスポーツジムストレッチマラソン大会マラソンランニングシューズソイプロテインサプリスイムキャップ選び方ウエットスーツレースHMBサプリHMBプロテインプロテインサングラス日焼け止めロードバイク佐渡トライアスロンブログホエイプロテインサプリメントトライアスロン部運営者情報コラムトライアスロントレーニングバイクスイムランニンググッズ
HMBサプリバナー
タグ