トライアスロン初心者ガイド Road to triathletes » トレーニング » おすすめの最強トレーニングチューブ15選を厳選紹介!選び方のポイントは?

おすすめの最強トレーニングチューブ15選を厳選紹介!選び方のポイントは?

緩んだ体をなんとかしたい、でもジムは高いし、家でもトレーニングしたいとお悩みでしょうか。そこで登場するのが「トレーニングチューブ」です。アスリートも愛用している、短期間で体を引き締めるためのトレーニングアイテムとして人気のトレーニンググッズとなっています。今回の記事では、トレーニングチューブの基礎知識や購入のコツ、さらにおすすめの人気商品をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

トレーニングチューブとは?

トレーニングチューブとは、家でも気軽にエクササイズができるトレーニンググッズの1つです。トレーニングチューブがあれば、お好きな場所で、重い負荷をかけてトレーニングすることができます。 同様の目的でエクササイズバンドもありますが、大きな違いはトレーニング種目の豊富さです。肩から足まで全身を鍛えることができるトレーニングチューブに対して、エクササイズバンドは、リング状で短く、腰や肩などの特定の部位を鍛えるのに適しています。

トレーニングチューブの上手な選び方

ここでは、トレーニングチューブの上手な選び方をご紹介します。トレーニングチューブで全身を効率よく鍛えたい方は、ぜひチェックしてみてください。

選び方①ハンドルの有無

トレーニングチューブには、ハンドル付きのものとハンドルなしのものがあります。自分のレベルに合わせて、どちらのタイプがいいかを選びましょう。初心者や握力に自信のない方のトレーニングには、ハンドル付きのタイプがおすすめです。 持ち手があることで、しっかりと握ることができ、力を入れやすく、正しいフォームを保つことができます。エクササイズの種類によっては、軽く握るなどして前腕の関与を減らしたほうが、目的の筋肉に効果を発揮しやすい場合もあります。 初心者の方は、ハンドルタイプの方が握る強さを調整しやすいですが、より高い負荷を求める上級者の方は、ハンドルのないタイプをお試しください。ダンベルに巻いて負荷を高めたり、膝に巻いてスクワットの負荷を高めたりすることができます。

チューブの端を手のひらに巻き付ける必要があるので、取っ手のあるタイプよりも少し手間がかかりますが、手にフィットして滑りにくいのも魅力です。ゴムによる皮膚の摩擦が気になる方は、ウエイトトレーニング用の手袋を着用することで対応できます。 持ち手のないタイプは7m以上の長さのものもあります。好きな長さにカットできることに加え、劣化してきたらすぐに新しいものと交換できるので便利です。

選び方②強度

強度が強すぎても弱すぎても、効果を最大限に発揮することはできません。そのため、一人ひとりが自分に合った強さを選ぶことが大切です。目安としては、「ちょっとキツイかな」と感じる強さを選ぶとよいでしょう。 負荷が100kgと表示されているものもあれば、ソフトやミディアムと表示されているものもありますので、自分に合った負荷のものを選ぶようにしてください。

とはいえ、初心者の方はどれを買えばいいのかわからない方もおられることでしょう。そこでおすすめなのが、強さの違うチューブがいくつかセットになっている商品です。 セットになっていれば、自分に合った強度のチューブを見つけることができますし、2本、3本と重ねていくことで強度を上げていくことができます。

選び方③伸縮性

トレーニングチューブは、十分な伸縮性のあるものを選びましょう。伸縮性があることで全身トレーニングに使いやすく、平滑筋のトレーニングやストレッチに効果的です。逆に伸縮性の少ないものは耐久性が低いことが多く、トレーニング中に壊れてしまうことがあります。長く使いたい方は、商品の伸縮性をご確認ください。

選び方④長さ調節できるか

長く使いたい方は、長さ調節ができるかどうかを確認してください。特にチューブタイプは、ハンドルの長さを変えることで長さを調整したり、数種類のチューブを重ねることで長さを調整したりと、あらゆる場面で使用できる万能タイプです。

おすすめの最強トレーニングチューブ15選

筋トレチューブは、他の筋トレ器具に比べて一般的に安価で、1,000円以下から数千円程度のものまでありますが、どれも気軽に購入することができます。ただし、あまりにも安いものだと、素材や機能性が十分でない可能性があります。予算に合わせつつ、素材や耐久性、機能性などをチェックして、高品質でハイセンスな商品を選ぶようにしましょう。

おすすめ①EMPT トレーニングチューブ

プロのトレーナー監修のもと開発されたチューブ型のトレーニングチューブ。初心者からアスリートまで、幅広い層の方にお使いいただけます。簡単なダイエットやエクササイズに使いたい方はもちろん、鍛えられた身体を目指す方にもお使いいただけます。 ストレッチやチューブの角度を変えることで負荷を調整できるので、肩から下のほぼ全身を鍛えることができます。目的に合わせて手軽にストレッチやエクササイズ、トレーニングを行いたい方におすすめです。

販売サイトをチェック

おすすめ②Reebok トレーニングチューブ

リーボックのこのトレーニングチューブは、初めてトレーニングチューブを使う方に最適です。信頼できるスポーツメーカーのトレーニングチューブを選びたいけど、コストパフォーマンスも重視したいという方におすすめのアイテムです。 強度とチューブの長さをライト、ミディアム、ヘビーから選ぶことができるので、体格や目的に合わせて上半身と下半身を効果的に鍛えることができます。

販売サイトをチェック

おすすめ③BODYMAKER トレーニングチューブ ロング

ODYMAKERのクッション素材のハンドルは、「手に馴染んで力を入れやすく、チューブのツルツルした感触が手に巻きついても違和感がない」と評判です。また、フットベルトはドアに引っ掛けることができるので、ラットプルダウンやチェストプレスなど、可動域を必要とする種目にも適しています。

販売サイトをチェック

おすすめ④Eono トレーニングチューブ

チューブにグリップが付いているタイプとしては、握力があまりない方でもトレーニングしやすいように使いやすさを追求しており、長時間使用しても手が痛くならないので、女性や初心者におすすめです。 また、ドアに掛けて脚のトレーニングができるようにドアアンカーとアンクルストラップが付属していて、鍛えにくい背中や脚を効率よく鍛えることができます。 そのため、本格的なホームトレーニングが行いたい方にもぴったりです。

収納に便利なポーチも付属していますので、持ち歩いて外出先でのトレーニングにも活用できます。

販売サイトをチェック

おすすめ⑤THERABAND セラチューブ

セラバンドの「セラチューブ・レッド・ミディアム」は、自分に合った長さにカットできるだけでなく、重ねて強度を高めることもできます。手のひらに巻くと肌にフィットし、強く引っ張ってもズレません。 また、チューブの手触りは滑らかで匂いもほとんどなく、手首に巻いても肌への摩擦感はありません。

長さの調節が簡単なので、全身のトレーニングを楽しみたい方は、ぜひ本製品をご検討ください。

販売サイトをチェック

おすすめ⑥エレコム トレーニングチューブ

こちらは、身長やトレーニング方法に合わせて長さを調整できるエクレアスポーツの「ハンドル付きチューブ」です。最大長さは150cmなので、身長の高い方でもこのロングタイプでトレーニングできます。 上半身から下半身まで、このチューブ1本で全身を鍛えることができます。お部屋のインテリアに馴染むカラーリングなので、お部屋の雰囲気を気にされる方にもおすすめです。

また、11種類の詳しいトレーニング方法が書かれたトレーニングブックが付属しています。初めてトレーニングをする方にもおすすめです。

販売サイトをチェック

おすすめ⑦La-VIE フィットネスチューブ

ハンドル付きのフィットネスチューブです。ロープには強度のある特殊なゴムを使用しているので、伸ばす運動をするだけで理想のボディを自由に作ることができます。

販売サイトをチェック

おすすめ⑧SPRI トレーニングチューブ

SPRIの「エクササイズチューブ・ミディアム」は、持ち手が比較的細いので、手の小さい女性や握力に自信のない方にも扱いやすくなっています。また、チューブ部分はつるっとした素材で、肌に触れても違和感がないため、長時間の使用が可能です。

販売サイトをチェック

おすすめ⑨MIZUNO トレーニングチューブ

一番のポイントは、大手スポーツメーカーの製品なので信頼できることです。他の同じような機能の製品と比較して迷っている方にはおすすめです。 このトレーニングチューブには、弱から強までの強さの異なるカラーバリエーションがあります。強さによって太さが若干異なり、価格も若干異なります。トレーニングの内容や目的に応じて、購入したい強度を選んでください。

また、負荷が足りないときには複数のチューブを使うなど、使い勝手の良さも魅力です。ラインナップの強度については、高齢者のトレーニングには低強度を、毎日トレーニングをする方には高強度を選ぶなど、使い分けることができます。

販売サイトをチェック

おすすめ⑩TheFitLife トレーニングチューブ

カラーバリエーションが揃った6個入りです。コンパクトで専用の袋も付いているので、持ち運びにも便利です。このラバーバンドタイプのトレーニングチューブは、耐久性の高い特殊な「ラテックス」素材を使用しています。 また、4.5mmと十分な厚みがあるので、ハードなトレーニングでも壊れにくい頑丈な作りになっています。全部重ねれば、最大で178kgの負荷をかけることができます。

腹筋、背筋、胸筋などの筋トレはもちろん、肩甲骨、腕、肩、脚などの幅広い本格的なトレーニングにおすすめのアイテムです。

販売サイトをチェック

おすすめ⑪adidas トレーニングパワーチューブ

グリップハンドル付きのトレーニングチューブの進化形です。本製品は、強度レベル1~3のうち、真ん中の「2」です。他の強度レベルの製品と一緒に購入することで、より多彩なトレーニングが可能になります。 チューブの外側にはアウタースリーブが装備されていて、2つのグリップハンドルで、力を入れることができます。

自宅で気軽にフィットネスをしたい初心者の方から、大胸筋のパンプアップなど本格的なトレーニングをしたい方まで、幅広い方を対象としています。

販売サイトをチェック

おすすめ⑫タニタ ソフトエキスパンダー

肩こりが気になる方におすすめのトレーニングチューブです。両手を上げて思いっきり横に伸ばすだけで肩周りのストレッチができるのが魅力です。オフィスや自宅でのデスクワークの合間に使用するのがおすすめです。カラーはスタイリッシュなグリーンで、エクササイズメニューが付いているので、初心者でも簡単にトレーニングを始めることができます。

販売サイトをチェック

おすすめ⑬FREETOO トレーニングチューブ

特殊な強いゴムを使用しており、他の商品よりも厚みがあるので、本格的な筋トレをしたい方におすすめです。丈夫で耐久性に優れているので、長期間使用することができます。 この商品は負荷が7~16kgの赤バージョンですが、他にも強度の異なるチューブがラインナップされており、体調や体の部位に合わせて選ぶことができます。赤色の当商品は肩や腕の軽負荷のトレーニングに最適です。

販売サイトをチェック

おすすめ⑭SKLZ トレーニングチューブ

ゴム素材を使用したミディアムトレーニングチューブです。プロバンドは、腕立て伏せ、懸垂、スクワットなどの一般的なエクササイズに反動や負荷を加えるために使用できます。 持ち運び可能なサイズでありながら、激しい運動にも耐えられるように作られています。レジスタンストレーニングだけでなく、関節のストレッチや筋肉のウォームアップにも適しています。

販売サイトをチェック

おすすめ⑮Champion Sports 抵抗チューブバンド

チャンピオン・スポーツは、50年以上にわたり高品質のスポーツ、フィットネス、体育用品を提供してきた歴史と信頼のあるスポーツ用品メーカーです。 このチューブバンドはワークアウト中の正しいフォームを確保し、柔軟性と総合的なフィットネスを向上させるために設計されています。 また、耐久性に優れた高品質のゴム素材を使用しており、筋力トレーニング、柔軟性、ストレッチ、怪我のリハビリ、理学療法など、あらゆる運動にレジスタンストレーニングを加えることができます。

軽量でどこにでも持ち運びができるので、バッグに入れて携帯し、いつでも空いた時間を使ってワークアウトを楽しむことができます。

販売サイトをチェック

トレーニングチューブを使った筋トレメニュー

ここでは、筋トレチューブを使った部位別のトレーニング方法をご紹介します。まず、背中の筋肉を鍛えるには、チューブブローイングがおすすめです。 背中にある逆三角形の筋肉を「外側広筋」といいますが、この部分を鍛えることができます。足を伸ばして座り、足の裏にチューブをひっかけて、チューブの両端を手でつかみながら体に向かってチューブを引きます。

次に、チューブサイドベント法は、腹筋や腹斜筋のトレーニングにおすすめです。通常はダンベルを使って行いますが、チューブを使うとより手軽に腹筋を鍛えることができます。 方法は、足を肩幅に開いて、両手でチューブを持ち、片足でチューブを踏みます。外側に曲げながら、チューブを思い切り上に引き上げ、ゆっくりと下に戻します。この動作を1セットとして、10~20回程度繰り返し、3セット程度を目安に行います。


チューブを使った腕立て伏せは、大胸筋のトレーニングにおすすめです。通常の腕立て伏せよりも負荷が高いため、効率的に筋力アップが狙えます。方法は簡単で、チューブを背中に回し、両端を両手で挟んで腕立て伏せをするだけです。 二の腕についた肉を落としたい方は、長さのあるチューブでのエクササイズが有効です。まず、筋トレチューブを両足で踏んで、片手でチューブの反対側を持ちます。 その手を頭の後ろに持っていき、肘を曲げたり伸ばしたりして、二の腕のたるみを解消します。テレビを見ながらでもできるので、日常生活の中で簡単に取り入れることができます。

自分に合ったトレーニングチューブを見つけよう


以上、トレーニングチューブの特徴と選び方についてお伝えしましたが、いかがでしたか。トレーニングチューブは、幅広いエクササイズに使用できるトレーニンググッズで、自宅でも外出先でも手軽に使えるのが魅力です。 選ぶ際には、自分のトレーニングメニューや体型に合わせて、種類や強度、伸縮性、グリップが付いているかどうかなどをチェックしましょう。特に、強度の異なる複数のトレーニングチューブがセットになった商品がおすすめです。

関連記事
タグ
3万円太る錠剤できない原因筋力ジャイアント違いシマノホイール運動前運動後オートミール腎臓飲み過ぎ体に悪い肝臓過剰摂取寝る前飲む時間フィットネスバイク運動不足有酸素運動負荷エアロバイク体重増加理由期間ニキビコラーゲン摂りすぎ美容栄養豆乳牛乳粉末飲む量1日ウィダー自宅ハムストリングス美脚固定式ダンベルデッドリフト何kg男性重量アジャスタブル可変式お腹ロシアンツイストバーピージャンプHIIT時間細菌作り置きフィットビット睡眠足首スマートウォッチ交換お尻痛くならないサドル測り方サイズ自転車安全基準ポイント俊敏姿勢アジリティトレーニング運動しない食事カロリーリハビリメディシンボールゴルフ野球負担プッシュアップバー前腕回数頻度握力服装重さシューズケトルベルメンズ最強必要チンニングスタンド懸垂マシントレーニングチューブぶら下がり健康器細いおしゃれクロモリボーリングテープ用途貼り方リバースプランク見た目胃下垂改善直し方腹斜筋サイドベントダイナミックストレッチアクティブストレッチ簡単体型ベンチプレスダサいチキンレッグバックプッシュアップ広背筋デクラインダンベルプレス大胸筋ワイドプッシュアップフォーム腕立て胸筋腹筋部位メニュージム商品紹介料理まずいWPI安いクロスバイクコスパ断食ファスティングタイミング置き換えImpact海外クロストレーナー消費カロリー太りたい増量体重飲み方ビーレジェンド乾燥剤保存アイテム瞬発力呼吸無呼吸腕立て伏せ方法シェイカー口コミキックボード鍛え方背筋やり方上腕二頭筋ダンベルカール僧帽筋鍛える腹筋ローラー10キロ初心者活用女性特徴上腕三頭筋注意コツダンベル痩せるダイエット作り方ケーキパンケーキレシピSAVASザバススポーツアイテム選使い方筋トレタンパク質人気プロテインバーヨガマットデメリット持ち運びメリット折りたたみインソール100円均一アンクレット活動量計メーカーおすすめ選キャンドゥ容器セリア代用ダイソー100均ハンドグリップ効果種類50m走オススメ早く走る方法練習HMBヘルメット有名人ウルトラマラソン宮古島トライアスロンカルシウム東京オリンピックスポーツジムストレッチマラソン大会マラソンランニングシューズソイプロテインサプリスイムキャップ選び方ウエットスーツレースHMBサプリHMBプロテインプロテイン日焼け止めロードバイク佐渡トライアスロンブログホエイプロテインサプリメントトライアスロン部運営者情報コラムトライアスロントレーニングバイクスイムランニンググッズ
HMBサプリバナー
タグ