トライアスロン初心者ガイド Road to triathletes » アスリート向けコラム » 女子でも大丈夫?トライアスロンが女子にもおすすめの理由

女子でも大丈夫?トライアスロンが女子にもおすすめの理由

トライアスロンに参加する女性

健康維持や向上のため、マラソンやジョギングをする女子は珍しくありません。しかし、トライアスロンをする女子は決して多いとはいえないでしょう。トライアスロンは、屈強でないと向いていないと考えている人がいるかもしれません。ところが、トライアスロンは運動初心者の女子にもおすすめのスポーツ。今回はその理由についてご紹介します。

トライアスロンは圧倒的に女子が少ないスポーツ

日をいっぱいに浴びる女性

トライアスロンは女子も行える競技です。しかし残念ながら、トライアスロンの女子選手は世界的にもそれほど多くありません。なんとトライアスロンは、女性の割合が全体の1割程度と極端に低いのです。

トライアスロンは必要な道具も多く、大会に出場するとなれば大荷物になります。加えて体力的につらいイメージがあるのも女性に敬遠される原因かもしれません。

女子がトライアスロンをスタートするメリット

ジャンプする女性

競技人口が男性よりも圧倒的に少ない女子トライアスロン。しかし、それは女子にとって魅力がない競技だということではありません。ここでは、女性にとってトライアスロンにはどのようなメリットがあるかご紹介します。

自分のペースでできる

テニスやフットサルなど、ゲーム性の強いスポーツは楽しい一方で、勝ち負けや自分の上手下手が気になってしまいがちです。またチーム競技になるとチームメイトとの相性の問題も出てきます。

一方でトライアスロンは、自分との戦いがメインになるスポーツ。トライアスロンにも順位やタイムはありますが、基本的には自分のペースや目標で行うことができます。そのため、自分の好きなペースで取り組みたいという人にも向いています。

自信がつく

競技人口が多いスポーツだと、より上手な人と自分を比較してしまうこともあるでしょう。トライアスロンの場合、レースに出て完走するだけでも自信につながります。トライアスロンは鉄人のイメージも強く、トライアスロンを趣味にしているというだけでも、他の人から見たインパクトは強くなるはずです。

トライアスロンは、生まれ持った運動神経よりもいかに地道な積み上げを続けるかが重要なスポーツ。今まで運動が苦手だった人も、地道な努力によって驚くような結果を出すことも可能です。

大会で入賞しやすい

トライアスロンはそもそもの競技人口が他のスポーツと比べて多くありません。特に女子は少ないため、完走するだけでも入賞が狙える場合もあるでしょう。なかには練習を積み重ねて、日本代表として世界大会に出場するような人もいます。

大人になってからでもスタートできる

トライアスロンの競技人口は40~50代が中心。他のスポーツと比べ、トライアスロンは年齢層が高いスポーツといえるでしょう。多くのスポーツでは、低年齢時から同じスポーツに打ち込んでいる人が少なくありません。しかしトライアスロンの場合、大人になってからスタートしても上位になれることもあります。特に女性は少数なので、入賞しやすいでしょう。

トライアスロンがもたらす女子にうれしい変化とは

引き締まった女性の身体

トライアスロンを始めることで、身体面にも変化が現れます。女子にもうれしい、トライアスロンがもたらす変化についてご紹介します。

下半身が引き締まる

トライアスロンは、特に下半身の筋肉を長時間使います。下半身のトレーニングによって、ヒップや太ももを鍛えることも可能です。また、効率よく身体を使うために姿勢も整い、ボディラインにも変化が現れるでしょう。

冷え性解消に効果的

下半身には大きな筋肉が多く、下がってきた血液を心臓に戻すポンプの役割があります。トライアスロンのトレーニングによって下半身が強化されると、代謝が促進されて冷え性の改善にもつながるでしょう。

まずは基礎体力をつけよう

トライアスロンを完走することは、とてつもなく大変だと思われるかもしれません。しかし、基礎体力をつけて各種目を完走することができれば、トライアスロンを完走できるでしょう。特に初心者の場合はスイムがハードルとなるため、まずはスイムのトレーニングからスタートしてみましょう。スイムに対して不安がなくなったら、距離が短いスプリントやショートの距離の完走を目指してみてください。

まとめ

準備運動する女性

トライアスロンは自分に自信を持ちたい、達成感を持ちたいという女子におすすめのスポーツです。トライアスロンのチームやサークルに所属すれば、新たな仲間や友人もできるでしょう。各国に競技者がいるため、世界中の人々とつながるチャンスにも恵まれます。トライアスロンをはじめることが、人生の転機となるかもしれません。

タグ
おやつ肩こりおすすめ痩せる無酸素運動効果的レッグスライダー翌日チートデイ代謝食べ物食べ過ぎカラダスキャンオムロン対策ワキガ予防食品市販腹持ち人気メーカー体重計アナログシンプルボディソープ体臭加齢臭匂い香りサドルカバーインナースキャンデュアル精度スマホタニタ体組成計コアトレーニングフォームローラーヨガトレーニングベンチ食事制限アプリ減量室内家でできるビンディングシューズUVケア普段使いバーンマシンボディクリームいい香りプチプラお腹痩せバランスディスク体幹筋肉乗り方ブランド運動100回スクワット3万円太る錠剤できない原因筋力ジャイアント違いシマノホイール運動前運動後オートミール腎臓飲み過ぎ体に悪い肝臓過剰摂取寝る前飲む時間フィットネスバイク運動不足有酸素運動負荷エアロバイク体重増加理由期間ニキビコラーゲン摂りすぎ美容栄養豆乳牛乳粉末飲む量1日ウィダー自宅ハムストリングス美脚固定式ダンベルデッドリフト何kg男性重量アジャスタブル可変式お腹ロシアンツイストバーピージャンプHIIT時間細菌作り置きフィットビット睡眠足首スマートウォッチ交換お尻痛くならないサドル測り方サイズ自転車安全基準ポイント俊敏姿勢アジリティトレーニング運動しない食事カロリーリハビリメディシンボールゴルフ野球負担プッシュアップバー前腕回数頻度握力服装重さシューズケトルベルメンズ最強必要チンニングスタンド懸垂マシントレーニングチューブぶら下がり健康器細いおしゃれクロモリボーリングテープ用途貼り方リバースプランク見た目胃下垂改善直し方腹斜筋サイドベントダイナミックストレッチアクティブストレッチ簡単体型ベンチプレスダサいチキンレッグバックプッシュアップ広背筋デクラインダンベルプレス大胸筋ワイドプッシュアップフォーム腕立て胸筋腹筋部位メニュージム商品紹介料理まずいWPI安いクロスバイクコスパ断食ファスティングタイミング置き換えImpact海外クロストレーナー消費カロリー太りたい増量体重飲み方ビーレジェンド乾燥剤保存アイテム瞬発力呼吸無呼吸腕立て伏せ方法シェイカー口コミキックボード鍛え方背筋やり方上腕二頭筋ダンベルカール僧帽筋鍛える腹筋ローラー10キロ初心者活用女性特徴上腕三頭筋注意コツダンベル痩せるダイエット作り方ケーキパンケーキレシピSAVASザバススポーツアイテム選使い方筋トレタンパク質人気プロテインバーヨガマットデメリット持ち運びメリット折りたたみインソール100円均一アンクレット活動量計メーカーおすすめ選キャンドゥ容器セリア代用ダイソー100均ハンドグリップ効果種類50m走オススメ早く走る方法練習HMBヘルメット有名人ウルトラマラソン宮古島トライアスロンカルシウム東京オリンピックスポーツジムストレッチマラソン大会マラソンランニングシューズソイプロテインサプリスイムキャップ選び方ウエットスーツレースHMBサプリHMBプロテインプロテインサングラス日焼け止めロードバイク佐渡トライアスロンブログホエイプロテインサプリメントトライアスロン部運営者情報コラムトライアスロントレーニングバイクスイムランニンググッズ
HMBサプリバナー
タグ