トライアスロン初心者ガイド Road to triathletes » アスリート向けコラム » トライアスロンは体によい?健康へのメリットと注意点
  

トライアスロンは体によい?健康へのメリットとデメリット

うつ伏せで向かい合っている2人

定期的に運動をすることは健康維持のためにも推奨されています。トライアスロンは3つの競技から成り立つスポーツとして、競技人口も多くて人気です。ここではトライアスロンの健康効果を紹介します。

トライアスロンは健康によい!

自転車を漕いでいる人

トライアスロンはハードな競技ですが、バランスよく鍛えられるスポーツでもあります。ここではトライアスロンが健康によい効果について紹介します。

トライアスロンで抗酸化作用が高まる

トライアスロンのトレーニングのような持久競技は、細胞の抗酸化作用を高めて酸化ストレスの発生を抑制することがわかっています。酸化ストレスは、高まった抗酸化作用をある程度軽減できると言われています。そのためトレーニングやレースの後はしっかり休養を取るようにしましょう。

バランスよく体を鍛えられる

3つの競技をこなすトライアスロンですが、意外なことに怪我や疲労はマラソンより少ないと言われています。それは3つの種目でバランスよく体を動かすからです。またハードな3種目を達成した後は、疲労感よりも、達成感や充足感に溢れているという人も多いでしょう。

トライアスロンで鍛えられるのは肉体にとどまりません。トライアスロンによってタフな精神や効率的にボディコントロールする知性なども磨かれることも大きなメリットです。

トライアスロンを行う際の注意点

足をのばしている人

トライアスロンは体に負担をかける過酷な競技で体への負担も心配されます。トライアスロンが健康に与える影響にはどのようなものがあるのでしょうか?

トライアスロン大会は活性酸素が増える

適度な運動は心臓疾患のリスクを下げ、健康によい影響を与えます。しかし、トライアスロンは長時間にわたる有酸素運動です。そのため大量に酸素を消費して代謝を促します。代謝の過程で生み出される活性酸素は、老化や動脈硬化などの原因となることもあるようです。

怪我には注意しよう

他のスポーツでもいえることですが、比較的練習量が多いトライアスロンは、怪我や足腰を痛めること珍しくありません。ただし、フォームの間違いや無理なトレーニングが原因という場合もあります。競技力向上や健康のためにも、正しいフォームや姿勢で行うように心がけましょう。

トライアスロンを健康的に楽しむために

自転車に乗りガッツポーズをしている人

トライアスロンはやり方さえ間違わなければ小学生から高齢者まで楽しめる競技です。トライアスロンを楽しみ続けるためにできることを紹介します。

トライアスロンのリスクを知る

トライアスロンは自然を相手にするため、場合によっては予測できないトラブルに陥ることもあります。もしこれからトライアスロンにチャレンジする場合は、こうしたトラブルと向き合うことが大切です。リスクを理解したうえで取り組むことで、安全に競技に臨むことができるでしょう

正しいフォームやメンテナンスを身につける

事前の対策や正しいフォームで取り組むことで、競技中のトラブルをある程度防ぐことが可能です。体のコンディションにまつわるフォームは、競技のパフォーマンスにも影響します。加えて規則正しい生活やバランスのよい食事を習慣化しやすいこともトライアスロンの魅力です。

まとめ

夕日に向かって走る人

トライアスロンは、健康を維持するために必要な筋肉をバランスよく身につけることが可能です。もちろん怪我や事故などのリスクもありますが、正しい方法でトレーニングすれば安全に運動できるでしょう。また、趣味で始めたい人から本格的に始めたい人まで幅広い競技人口がいることも魅力です。もし気になったのであれば、まずはハーフディスタンスといった参加しやすい競技から目指してみましょう。

HMBサプリバナー
FAQ教えて!ほりすけ