トライアスロン初心者ガイド Road to triathletes » アスリート向けコラム » トライアスロンでも大活躍!パンク修理キットの種類と実用性
  

トライアスロンでも大活躍!ロードバイク用パンク修理キットの種類と実用性

ロードバイクのパンク修理

トライアスロンのバイク種目ではパンクをするのリスクが伴います。そのため、自分でパンク修理する場面も出てくるかもしれません。そこで役立つのがパンク修理キットです。ここではスムーズに修理するためのパンク修理キットについて紹介します。

トライアスロンでバイクのパンク修理は必須

パンク修理

トライアスロンで自分の肉体以外の道具を用いるのはバイクだけです。スイムやランでは足の状態や体調を気にする必要がありますが、バイクでは自転車自体の心配もしなければいけません。

バイクの競技中に考えられるリスクとしてパンクが挙げられます。パンクは練習中だけでなく、本番中でも起こるもの。練習中であれば、帰宅に手間取る程度で済みますが、大会出場中の場合には大きくタイムを損なうばかりか、リタイヤのリスクさえあります。

トライアスロン大会では、オフィシャルのサポートカーもありますが、場合によっては助けを待っている間に制限時間内に通過できず、リタイヤすることもあります。

こうした事態を避けるためには、パンクに備えて、修理技術を身に付けておきたいものです。パンクの修理技術さえあれば、練習中はもとより、トライアスロン大会の最中であってもパンクを恐れることはありません。修理の時間分のタイムロスはありますが、完走を妨げるリスクを抑えられます。

パンク修理に必要なグッズ

ゴムチューブ

トライアスロン大会では、パンク修理のための必要最低限のグッズを備えておくことが必要です。なかにはバイク競技に最適な小型で走りを妨げない修理グッズもあります。

ハンドポンプ

ハンドポンプは、小型で持ち運びやすい空気入れです。バイクに取り付けておき、いざという時にはパンクを修理した後で空気を入れます。ただし力が必要になるため、制限時間やタイムが気になる大会では少々不便です。

CO2ボンベ

CO2ボンベは、空ハンドポンプだけでは難しい分の空気を入れることが可能です。ボンベ自体は小型で軽量なので、いくつか持っておいてもよいでしょう。ただし、入れた後に再度調整が必要となります。あくまでも応急処置として割り切っておくとよいかもしれません。

パンク修理剤

パンクの穴をふさぐ修理材です。主にシート状になっており貼り付けることで穴をふさぎます。穴をふさいだ後、空気圧が十分でなかったら、ポンプなどで空気圧を調整しましょう。

100均の修理キットでもパンクは直せる

空気入れ

バイクのパンクは、100円ショップなどで販売している修理キットでも直すことができます。自転車屋で修理をすれば、手間もかからずキレイに仕上がりますが、その分コストは高めです。もし自分の修理技術があれば、格安で修理することができるため、ぜひ導入してみましょう。

大手100円ショップの修理キットには、修理に必要なゴムのりやパッチ、ヤスリ、タイヤレバーなどがセットになって販売されています。商品によってはケースやタイヤレバーが無いものもありますが、どれもパンクの修理に使うことが可能です。

ケースやタイヤレバーは一つあれば良いので、2回目以降の購入は、パッチやゴムのりなどの消耗品だけ入ったキットを選んでも良いでしょう。

パンクの状況やチューブ、パッチの状態によってはうまく直らないこともあります。その時は他のキットやチューブ自体の交換も考えましょう。

まとめ

チューブの調整

トライアスロンの競技を行う上で、パンクのリスクは必ず伴います。練習中ならともかく、大会でのパンクは完走を妨げる原因にもなりかねません。パンクによるリスクを減らすためには、自分で修理できるスキルと修理キットを用意しておくと、いざという時も安心して対応することができます。気になった人は実際に挑戦してみましょう。

HMBサプリバナー
FAQ教えて!ほりすけ