トライアスロン初心者ガイド Road to triathletes » アスリート向けコラム » ロードバイクの冬装備について
  

ロードバイクの冬装備について

冬のロードバイク
  

トライアスロンでバイクのスピードをアップさせるために欠かせないのがロードバイクでの練習。夏の暑い時期であれば風を感じながら走ることができるので、それほど問題はないのですが、冬は風の冷たさが身にしみます。そのため、体を温かくするための防寒具が欠かせません。とはいえ、始めたばかりの初心者の人はどのようなものを購入すればよいのか分からないという人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、ロードバイクの冬装備について紹介していきます。どれも防寒具としておすすめのものばかり。興味がある人は参考にしてみてください。

冬のロードバイクをする上でのポイント

あたたかい服装でロードバイク

防寒(風)対策をすれば冬場も走りやすい

寒い冬にロードバイクに乗るのは想像するだけで辛そうと感じる人も多いかもしれませんが、実はきちんと対策をしておけば夏よりも冬の方が走りやすくなっています。夏場の中でも真夏になると日差しが強すぎて、陽が高くなる日中は、どれだけ装備を整えていたとしても外で走るのは困難です。しかし、冬は体を動かせば自然と体が温まり、服などを着込むことでいくらでも対策をすることができます。ですので、道路が凍結していたり、雪が降っていたりしない限り、寒さ対策をしっかりしていれば、夏よりも走りやすいと言えるでしょう。

状況に応じて衣類を着脱する

冬のロードバイクは、いかに体調管理を行うかが重要となります。走る前や走り出しは、体が温まっていないため、ある程度、温かさをキープすることできる服装が必要ですし、走り出して体が温まってくると、今度は体から発する熱と蒸気で衣服の中が蒸れてしまうことが問題となります。外の風は冷たいため、風から身を守るウインドブレーカーなどナイロンなどが素材のものが必要な場面は多く、着脱しやすいインナーを重ね着するなどして、状況に合わせて着たり脱いだりすることが重要です。

ダウンジャケットは不向き

ロードバイクのアウターウエアとして、ダウンジャケットを着ようと考えている人がいるかも知れませんが、あまりおすすめできません。ダウンジャケットの特性である中の熱を外へ逃がさないという性能が走り出しは暖かくて良いのですが、走り出すと逆に暑すぎてしまいます。そして何よりも、ロードバイクに乗るにはボリュームがありすぎて、漕ぐのに邪魔になるでしょう。

天敵は汗冷え、吸水性と撥水性がポイント

スポーツに適した防寒着

冬用の防寒具は、温かさを保つことができるというのも必須ですが、大量の汗をかいてしまうため汗冷えしてしまわないための対策も必要不可欠です。例えば、吸水性の低い木綿性のインナーとダウンジャケットジャケットを着用して走っていると、体は温かいものの、熱と汗が発散されないため、身体は汗でビショビショに。こうなってしまうと濡れたままの衣服が体温を奪ってしまい、体を冷やしてしまうほか、不快で、体調不良の原因ともなることも考えられます。そうならないためにも、汗冷えをしにくい登山用のアンダーウエアなどを着用するのがよいでしょう。

おすすめの防寒グッズ

防寒して走る男性

パールイズミ「ウィンドブレーク スウイッシュ ジャケット」

長袖のサイクルジャージだけでは寒くなってきた時におすすめなのが、こちらのウインタージャケット。普段の格好やスタイルで言うところの、コートやジャケットなどに相当するのでとても防寒性に優れています。冬のロードバイクで気を付けなければならないのは、気温よりも風への対策。ウインタージャケットであれば、問題ありません。また、重ね着しやすいのもポイントです。

シマノ「ウインタービブタイツ」

下半身の運動が激しいロードバイク。冬でもボトム部分は意外と寒さを感じないというケースもありますが、上半身ばかりで下半身の防寒対策を疎かにしていると、寒さが下からやってきます。そんな時にぴったりなのが、ビブパンツです。長時間、ロードバイクに乗っている時のボトム部分の悩みとして、サイクルパンツだとズレてしまったり、お腹の部分が締め付けられてしまったりすることも。その解決策としてビブパンツを着用している人もたくさんいます。夏なら丈の短なビブショーツですが、さすがに寒くなると肌が露出しているのは寒いので、ロングビブタイツがおすすめです。

パールイズミ「コンフォヒート ロングスリーブ」

冬のロードバイクで重要な体温調節。走る前や走り出してすぐの時は、体が温まっていないために、寒いと感じるかもしれませんが、その時点であまり厚着をしていると、しばらく走っているうちに逆に暑すぎると感じてしまいます。このような状況に対応するために求められるのが、重ね着です。脱着しやすい上着を重ね着し、状況に応じて脱ぎ着するというのが冬のロードバイクの基本。たくさん着込んで着ぶくれしてしまうとスタイルも格好もよくないので、速乾性と保温性に優れた高機能なこちらの商品がとても便利です。

まとめ

ロードバイクをする長袖の男性

いかがだったでしょうか?冬はきちんと対策をしておけば、バイクの練習をするには絶好のシーズンなので、しっかり練習してレベルアップしてみてください。

HMBサプリバナー
FAQ教えて!ほりすけ