トライアスロン初心者ガイド Road to triathletes » 【トライアスロン種目2】ロードバイク » 自転車カバーのおすすめ人気ランキング【ロードバイク】

自転車カバーのおすすめ人気ランキング【ロードバイク】

自転車カバーのおすすめ人気ランキング8選

トライアスロンのバイク種目で使用する、ロードバイクやトライアスロンバイクは、本来なら室内保管をおすすめしたいところですが、部屋のスペースなどさまざまな事情により、家の中で保管できないという方も多いと思います。しかし、野晒しのまま屋外に放置しておくことは、盗難のリスクを高め、自転車の劣化を早める原因となります。そこで今回は、競技で使用するバイクを、どうしても屋外で保管しなければならないという方のために、おすすめの”自転車カバー”をランキング形式でご紹介したいと思います。自転車カバーを使用するのとしないのとでは、自転車の状態もかなり変わってきますので、室内で保管できないという方は、ぜひ、参考にしてみてください。

2019.11.11.

自転車カバーの役割

”自転車カバー”は、その名の通り、自転車の上からかぶせる自転車専用カバーのことです。”サイクルカバー”ともいわれています。自転車カバーには、雨や風、ホコリ、紫外線といったさまざまな外部の刺激から自転車を守るだけでなく、自転車盗難率を低減させる効果や、強風で自転車が飛ばされてしまうのを防ぐといった役割も持っています。自転車は、雨にさらされてしまうとサビが発生しやすくなります。

チェーンやハンドル、ブレーキのインナーワイヤー、スポーク、クイックリリースなど、塗装がされていない部分は特に錆びやすくなっていますが、各パーツのサビは、自転車のスピードが出にくくなったり、ブレーキや変速が利きづらくなったりする原因になります。こういった自転車の不具合は、もちろんレースに悪影響ですし、メンテナンスの手間も増え、最悪の場合パーツ交換となり、外に保管しているというだけで経済的に負担がかかってしまいます。また、自転車を劣化させるのは、雨だけではありません。

風や紫外線も、自転車のプラスチック部分が割れてしまったり、ゴムの部分が溶けてしまったりと、パーツやフレームなどが劣化する原因となり、ホコリや砂、チリ、黄砂といった飛来物は、自転車が汚れたり、傷ついたりする原因となります。

トライアスロンのバイクパートは、ただでさえ揃えなければならない道具や機材が多く、お金がかかってしまうことから、バイク管理の甘さが原因による出費は、なるべく避けたいところです。

また、自転車カバーは、トライアスロンレースの前日に、バイクをトランジションエリアにセットしておく際に必要となります。大会によっては、レース当日の朝にバイクをセットすることもありますが、前日のうちにバイクをセットしなければならない場合には、雨に濡れないよう、自転車カバーを使用する必要があります。濡れてしまうと、チェーンオイルの種類によってはオイルが雨で流れてしまうこともあるため、注意が必要です。当日は、スイム前のセッティング時間に自転車カバーを外しておきます。

自転車カバーの場合は、屋根だけある駐輪場などとは違い、自転車全体を覆ってくれるため、雨や風などによるダメージをさまざまな方向から守ってくれます。そのため、保管する際も、場所や風向きを気にせず自転車を置くことができます。また、鍵穴がついているタイプの自転車カバーは、自転車をカバーごと家の柵などに繋げておくことができるため、自転車が盗まれたり、自転車に直接いたずらされたりするリスクを減らす効果が期待できます。

さらに、ロードバイクやトライアスロンバイクなどの競技用の自転車は、スピードが出せるよう、たったの指何本かで持ち上げられるほどの重さまで軽量化されているため、家の柵などに繋げておくことは、盗難防止だけでなく、強風で自転車カバーやトライアスロンバイク(ロードバイク)が飛ばされてしまうのを防ぐことにも繋がります。カバーをかぶせたり外したりするのには少々手間はかかりますが、屋外で保管するのであれば、自転車カバーは必須のアイテムといえます。

次に、自転車カバーを選ぶおすすめのポイントについてご説明させていただきます。

自転車カバーを選ぶおすすめのポイント

素材で選ぶ

自転車カバーに使用されることが多い生地として、主に、「ナイロン素材」と「オックスフォード素材」の2種類があります。それぞれの生地の特徴を知って、自分が使いやすいと思うものを選ぶようにしましょう。

ナイロン素材

合成繊維であるナイロン製の生地は、水を吸いにくいという性質があり、傘にも使用されている素材です。弾力性や柔軟性があるため、伸縮性・耐摩耗性に優れており、軽量で、引っ張っても破れにくく、シワになりにくいという特徴があります。そのため、カバーを頻繁にかけたり外したりするという方でも扱いやすくなっています。また、汚れに強いため、見た目もきれいな状態を維持しやすく、砂やホコリ、黄砂等で汚れても、簡単に洗い流すことができます。速乾性があるため、濡れても乾くのが早く、お手入れがしやすいのもナイロン製カバーの良さの一つです。

オックスフォード素材

”オックスフォード”とは、たて糸とよこ糸を2本ずつ引きそろえて平織りにした、糸の織り方のことをいいます。「オックスフォード製」は、ナイロン製の生地よりもさらに高性能で、厚みがあり、優れた強度と耐久性がありながら、軽量で柔らかい生地なのが特徴です。ビニール製の約10 倍の強度があるといわれており、テントの素材としても使用されています。軽量のため、トライアスロン競技会場への持ち運びにも便利です。

自転車カバーによく使われている「210Dオックスフォード生地」の「210D」とは、D がデニール、210 という数字が糸の太さを表しており、数字が大きくなるほど生地の強度が高いということになります。しかし、強度が上がる分、生地も分厚くなるため、重量も大きくなってしまうのがデメリットです。比較的高価ですが、劣化しにくいため、長期間使い続けることができます。

自転車のサイズや形状に合ったものを

自転車カバーは、収納するロードバイクやトライアスロンバイクのサイズ・形状に合ったものを使用しないと、雨や風、黄砂などから自転車を守るという、自転車カバーとしての役割を十分に果たすことができません。カバーのサイズが小さいと、自転車にカバーをかぶせるのにも時間がかかってしまいますし、タイヤの下までしっかり覆うことができないため、下の隙間から雨や風が入ってきてしまい、せっかく購入したカバーも役割を果たすことができず、無駄になってしまいます。自転車を正しく保管するためにも、自転車カバーのサイズ選びは、製品を選ぶ際の大切なポイントの一つになります。

自転車カバーの各製品には、対応可能な自転車のインチ数等が記載されています。しかし、自転車の形状や装備などはモデルによってそれぞれ異なるため、インチ数だけで購入するカバーのサイズを判断してしまうと、自転車とカバーのサイズが合わない可能性も出てきます。実際に収納する自転車の縦や横の長さ、幅などは、あらかじめ計測しておくと、ちょうど良いサイズのカバーをスムーズに選びやすくなります。

屋外での保管には鍵穴付きのものを

自転車の中でも特に狙われやすいといわれている、ロードバイクやトライアスロンバイクなどのスポーツバイクですが、屋外で自転車を保管する際は、盗難対策もきちんと行わなければなりません。モデルによって価格に差があるとはいえ、ロードバイクやトライアスロンバイクは高価なものですし、さらに、他の自転車と違ってかなり軽量化されているため、持ち上げやすく、盗まれやすくなっています。そこで、自転車カバーは、必ず鍵穴付きのものを選ぶようにしましょう。(※ワイヤーロックやチェーンロック等は、自転車カバーについてくるわけではないため、別途購入する必要があります。)

さらに、自転車カバーは、自転車を隠す効果もあるため、野晒しで置いておくより、周囲の目につきにくくなります。特にカバーが黒色の場合は、屋外に置いていても、夜間は認識づらくなるため、盗難のリスクを下げることができます。

また、鍵穴付きのものは、盗難を防ぐだけでなく、強風でカバーや自転車が飛ばされてしまうのを防ぐという重要な役割もあります。風対策としては、タイヤ部分にバックルやゴムがついた自転車カバーもありますが、バックルやゴムは、あくまでカバーがめくれてしまうのを防ぐためのものですので、強風でカバーや自転車が飛ばされるのを防ぐためには、やはり鍵穴付きの自転車カバーを使用して、家の柵や柱などに固定して置いておくのが有効的です。

防水・撥水機能があるものを

冒頭でも説明したように、自転車のサビは運転性能が落ちる原因となります。「自転車を雨ざらしから守る」というのが、屋外で自転車カバーを使用する理由の一つですので、万全な雨除け対策には、防水・撥水機能がある製品を選ぶようにしましょう。防水・撥水加工がされているものは、カバーの汚れも落としやすくなっているため、お手入れが楽というメリットもあります。

UVカット効果のあるものを

「紫外線」も自転車が劣化する原因の一つです。紫外線は、自転車のプラスチック部分のひび割れやフレームの塗装の色褪せ・剥がれ、ゴムが溶けることによるグリップ部分のベタつき、タイヤの劣化など、さまざまな症状を引き起こす原因となります。特に、ゴムや樹脂でできている部分は紫外線による影響を受けやすいため、日晒しを続けていると、他のパーツと比べても、ゴムや樹脂でできている部分は早いうちから駄目になってしまいます。また、フレームの色褪せは、自転車自体に問題が起きていなかったとしても、自転車の見た目の印象に大きくかかわる部分のため、購入してからの実際の年数より古くみられてしまうことがあります。

紫外線対策には、UVカット機能が付いたものや、遮光性のある自転車カバーを選ぶようにしましょう。製品によっては、UVカット効果を、「UVカット+40」のように、具体的に数値で表しているものもあります。このUVカット率は、紫外線の一種である、「紫外線B 波」の防御率を表したもので、数値は1~50+まであり、数値が高いものほど、紫外線B波に対する防御力が高いということになります。

ちなみに、紫外線Aは、PA+、PA++、PA+++、PA++++の4段階で表され、「+」の数が多いほど、紫外線A 波の防御力が高いということになります。日焼け止めクリームやメイクアップ化粧品などでは、お馴染みの表示なのではないでしょうか。

また、”遮光”というのは、地表に降り注ぐ太陽光線の中に含まれる、「可視光線・赤外線」を遮るという意味で、UV(紫外線)に対する効果ではありません。”遮光率”は、カーテンや日傘の遮光性を表すのによく使用されている指標です。製品を選ぶ際は、なるべく、「UVカット率」と「遮光性」の両方が記載されているものを選ぶようにすると良いでしょう。

競技会場へ持っていくなら便利な袋付き

自転車カバーは、屋外で自転車を保管するとき以外にも、トライアスロン競技の事前準備で必要となることがあります。トライアスロン競技では、大会によって、バイクをレース当日の朝にトランジションエリアにセットする場合と、レースの前日にトランジションエリアにセットする場合があります。前日にセットするのであれば、雨風で自転車の調子を悪くしないよう、セット後にカバーをかけておく必要があります。

自転車カバーを購入する際は、収納袋付きのものを選んでおくと、コンパクトに収納することができるため、トライアスロンで遠征に行った際も、持ち運びに便利でおすすめです。さらに、製品によっては、収納袋の他に、自転車専用の雑巾が付属しているものもあります。

自転車カバーのおすすめ人気ランキング8選

第8位 Eastshining 自転車カバー ブラック

自転車カバーの画像
サイズ 約200cm x 110cm x 70cm
価格 1,299円

商品の特徴

190T 高密度のナイロン布を使用。薄く柔らかい生地でありながら、耐久性・強度があり、ビニール製の5倍以上の強度となっています。さらに、二本針ミシンによる縫製で耐摩耗性に優れており、頑丈で破れにくいのが特徴。ワンタッチバックと、裾部分に絞りゴムが付いているため、自転車とカバーに密着感があり、強風対策やセキュリティ対策も安心です。

第7位 Faireach サイクルカバー

自転車カバーの画像
サイズ 約200cm x 110cm x 70cm
価格 1,699円

商品の特徴

耐久性と強度に優れた「210Dオックスフォード生地」を使用。高密度素材のため、埃の侵入もしっかり防ぎます。紫外線カット効果のある黒色のバイクカバーは、夜間も目立ちにくいため、盗難のリスクを減らすことができる他、反射安全ストライプにより、取り付けや取り外しが容易にできます。

第6位 Active Cloud 自転車カバー

自転車カバーの画像
サイズ 約200cm × 110cm × 70cm
価格 1,399円

商品の特徴

生地には、普通のプラスチック製より5倍以上の強度を持つ、210T高密度の100%ナイロンクロス(タフタ織り)を使用しています。薄くて柔らかいのに丈夫で壊れにくいのが特徴。UVカットや防水処理が施されている黒色のカバーは、可視光線を完全に吸収することが可能です。収納袋や自転車用の雑巾が付属しており、カバーの持ち運びも便利で、自転車を清潔に保つことができます。

第5位 Koyota 自転車カバー

自転車カバーの画像
サイズ 約200 x 110x 70cm
価格 1,599円

商品の特徴

防水テントにもよく採用されている、高品質210Dオックスフォード生地を使用しています。また、精密な二重縫製技術による三層構造により、従来の製品より強度が増して、2000Paの水圧にも耐えることが可能。日差しが強い日はもちろん、悪天候の日も、強い雨風から自転車をしっかり守ってくれます。

第4位 自転車カバー サイクルカバー 210D オックス製生地

自転車カバーの画像
サイズ 200cmx110cmx70cm
価格 1,790円

商品の特徴

丈夫で長持ちする、最高級の210D オックスフォード製の生地を使用。UV加工とシルバーアクリルコーティングにより、自転車本体やカバー自体の劣化の原因となる紫外線を防ぎます。直径3.8cmの盗難防止用のリングホールがついているため、カバーの上からワイヤーロックやチェーンロックを通して、家の柵やポールに括り付ける事も可能です。

第3位 OVEIPO 自転車カバー 190T

自転車カバーの画像
サイズ 約200x110x70cm
価格 1,299円

商品の特徴

破れにくい190T 高密度平織生地を使用。表には撥水加工、裏面にはウレタンコーティングが施されており、高い防水効果があります。カバー全部にはロック対応の補強穴が2つ開いており、後ろはバックル付、前後には強力な伸縮ゴムが入っているため、防犯性や風飛び防止性も高いのが特徴です。UV カット(+40)で、高紫外線対策が可能。

第2位 Active Winner 自転車カバー

自転車カバーの画像
サイズ 205cmx70cmx95cm
価格 1,990円

商品の特徴

高い耐久性を持つ「210Dオックスフォード生地」を使用。PUコーティングにより通常の約2倍の撥水性があり、縫い目までしっかりと撥水加工が施されています。軽量でありながら丈夫で破れにくく、裾前後のゴムと中央部分のバックルが、強風でもカバーが飛ばないようにガッチリ保護してくれます。裏素材は耐摩耗性を施しているため、自転車を擦る心配もありません。

第1位 Ohuhu 自転車カバー

自転車カバーの画像
サイズ 約200cmx110cmx70cm
価格 1,699円

商品の特徴

生地には、テントにも使用されている「210Dオックスフォード」を使用。厚手で破れにくく、耐久性、耐候性、耐腐食性、耐風性に優れています。縫い目にまで撥水加工が施されているため、防水効果も高く、ワンタッチバックルが、強風でカバーが飛んでしまうのを防いでくれます。太陽光を反射させるシルバーコーティングにより、紫外線対策もばっちりです。前輪はロック用の盗難防止穴を採用しています。収納バック付。

自転車カバーの使い方

トライアスロンバイク(ロードバイク)の保管場所

自転車を屋外で保管するポイントとしては、自転車を固定できる場所に置くことです。柱や柵、フェンスがあれば、鍵穴付きの自転車カバーを有効的に活用することができ、盗難防止や自転車の横倒しを防ぐことができます。固定できる場所がないのであれば、ブロックや板などを用意して、固定できる場所を作るのがおすすめです。

屋外保管の場合、鍵やロープなどを使って自転車をしっかり固定しないと、自転車が倒れて傷ついたり、盗まれやすくなったりする原因となるため、自転車を壁に立てかけるといった保管方法は、なるべく控えるようにしましょう。

自転車カバーの注意点

長期間保管する場合は、サビに気を付ける

特に、雪が降る寒い季節で、バイクに乗る機会がほとんどない時期は、バイクを長期間、屋外に保管しておくという場合もあると思います。できればバイクは室内に保管しておきたいところですが、どうしても外に置くしかないという場合には、特に念入りに自転車のメンテナンスを行うようにしましょう。自転車は一度錆びてしまうと、サビ落としが使用できない部分もあるため、錆びる前の状態に戻すためには、パーツを交換する必要があります。

自転車カバーの注意点として、カバーの中は湿気がたまりやすくなっているため、カバーで雨風をしのげていたとしても、湿気で自転車が錆びてしまうことがあります。自転車に乗らない時期でも、カバーの下の部分を開けておくようにしたり、晴れた日はカバーを外すようにしたりと、定期的に風の通りをよくするようにしましょう。また、湿気で水滴がついている場合もあるため、定期的に自転車をチェックして、軽く拭くようにすると良いでしょう。

また、バイクに頻繁に乗っている時期でも、雨や汗などの水分で濡れた自転車を放置しておくことは、錆びる原因となります。ロードバイクやトライアスロンバイクで走った後は、必ずバイク全体をからぶきするようにしましょう。

外保管の場合は盗難に気を付ける

自転車の盗難が後を絶ちませんが、選ぶポイントでもお伝えしたように、ロードバイクやトライアスロンバイクといったスポーツバイクは、特に盗難の対象になりやすい自転車です。また、ロードバイクは高価でありながら、パーツを簡単に外せてしまうという欠点もあるため、一部のパーツだけが盗まれてしまうこともあります。

盗難のリスクを減らすという意味でも自転車カバーはぜひ使用していただきたいですが、それだけではなく、人目に付きやすい場所には置かないようにするなど、屋外保管の際にはさまざまな対策を心がけるようにしましょう。

まとめ

今回は自転車カバーをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは

ということです。

バイクを屋外で保管する際、野晒しの状態にしてしまうことは、自転車の劣化を早めてしまい、メンテナンスに手間やお金がかかる原因となります。トライアスロン競技で使用するロードバイクやトライアスロンバイクは、決して安いものではありません。また、トライアスロン競技3種目の中でも、特にバイクパートは、使用する機材の影響を受けやすい種目です。レースで使用するからには、自転車の状態は、いつでも良好に保てるようにしておきたいですよね。屋外で自転車を保管する場合は、ぜひ自転車カバーを使用して、雨や風、盗難などから自転車を守り、大切に保管できるようにしておきましょう。

揃えておきたい道具一覧

HMBサプリバナー
FAQ教えて!ほりすけ