トライアスロン初心者ガイド Road to triathletes » 【トライアスロン種目2】ロードバイク » ビンディングペダルおすすめ人気ランキング7選【ロードバイク】

ビンディングペダルおすすめ人気ランキング7選【ロードバイク】

ビンディングペダルのおすすめ人気ランキング7選

トライアスロン3種目のうち、唯一道具を使用するバイク種目。そのため、バイクに付属している道具を自分に合わないものを選んでしまうと、長時間かけて行うバイク競技に、大きな影響を与えてしまうことがあります。その中でもペダル選びは、バイク種目を行う上で、一番重要といっても良いでしょう。トライアスロンのバイク種目で疲れを溜めずに、ペダリングを効率よく行うためには、ビンディングペダルがおすすめですが、すべてのトライアスリートに、ビンディングペダルが合うとは限りません。そこで今回は、トライアスロンのバイク種目で使用するペダルの種類、また、選び方に戸惑いやすいビンディングペダルについてご紹介したいと思います。

2019.11.12.

ビンディングペダルとは

トライアスロンで使用するロードバイクのペダルには、大きく分けて「フラットペダル」と「ビンディングペダル(SPD)」の2種類があります。

ペダルの種類

フラッドペダル

「フラッドペダル」は、ママチャリなどの一般的な自転車に採用されているペダルのことです。スニーカーやサンダルなど、普段履いている靴で気軽に自転車に乗ることができます。踏み込むことで前に進み、ペダルからいつでも足を離すことができるため、停車や緊急回避がしやすく、街乗りにも向いています。

価格は1,000円~20,000万円するものまでありますが、比較的安価で、種類も豊富といった特徴があります。トライアスロン初心者の方や、ロードバイクにまだ慣れていないという方は、最初は安全性の高いフラットペダルでバイク(自転車)を練習するのがおすすめです。また、フラットペダルで大会に出場しても特に問題はないため、タイムを気にせずに、自分のペースでバイク種目を行いたいという方にもおすすめです。

ビンディングペダル(SPD)

「ビンディングペダル(SPD)」は、クリートと呼ばれる金具でシューズを固定することができるペダルのことです。踏み込み時だけでなく、足を引き上げる動作でもペダルを回すことができるため、安定したペダリングができ、自転車を効率よく漕ぐことができます。

また、足が固定されていることにより、引き足が使えるため、疲れにくく、踏み込んだ際に足が滑らないといったメリットもあります。しかし、ペダルから足を離す際はいちいちロックを外す必要があるため、急な停車に対応できない場合があります。ビンディングペダル専用のシューズと合わせると、価格は大体15,000~50,000円となり、基本的に高価となっています。

このビンディングペダルを使用する際には、「ビンディングシューズ」と呼ばれている専用のシューズも同時に揃える必要があります。ビンディングシューズには、シューズを固定させるためのクリートが付いており、ビンディングペダルにはめてペダリングを行います。メリットとして、ペダリングを効率的に行うことができる、疲れを溜めずに走行することができるなどが挙げられます。

ただし、着脱して歩行する際には、クリートによりシューズ裏に出っ張りがあるため、スニーカーのように歩くのが少し難しいのがマイナスポイントです。

また、ビンディングペダル(SPD)には、片面だけしか使用できない「片面SPD」と、両面使用できる「両面SPD」、片面がSPD、もう片面がフラッドペダルになっている「片面SPD片面フラット」の3種類があります。「片面SPD 片面フラット」は、普段履いているスニーカーでも、クリートが付いたビンディングペダル専用のシューズでも、どちらの靴を履いても対応できるようになっており、ビンディング機能を使えるようになりたいけど、まだ慣れないという方におすすめのペダルです。

「両面SPD」タイプは、両面にSPDのクリート受けが備わっており、踏み台を気にすることなく使用することができるため、特にスピードが勝負の大会では、両面タイプのビンディングペダルを使用する方もいます。「片面SPD」は、その名の通りペダルの片面だけしか使用することができないため、両面タイプより少し不便な部分はありますが、3種類の中で最も軽いため、タイム重視でトライアスロンバイクを軽量化している方におすすめです。

今回の記事では、ペダルの中でも、選ぶのに悩みやすいビンディングペダルについてご紹介させていただきます。

ビンディングペダルを選ぶおすすめのポイント

メーカーで選ぶ

何を見てビンディングペダルを選べば良いか分からない方は、メーカーで選んでみるのもおすすめです。ここでは、今回ランキングに入っている3メーカーについて、それぞれの特徴をご紹介したいと思います。

シマノ(SHIMANO)

日本メーカーの中でも断トツで人気の「シマノ(SHIMANO)」は、安心の品質と良心的な価格で圧倒的なシェアを誇り、ペダルのラインナップが豊富なことからも、自分に適したタイプを見つけやすくなっています。どのビンディングペダルを選べば良いか迷ってしまう場合には、シマノのモデルを選んでみるのもおすすめです。シマノ(SHIMANO)には、「SPD-SL」・「SPD」・「SPD CLICKE'R」の3つのビンディングペダルがあります。

「SPD-SL」はレース向きのビンディングペダルで、クリートが大きいのが特徴です。踏み面が広い分、力がダイレクトに伝わりやすく、パワーロスが少ないなどのメリットがあります。ただ、固定力が強い分、膝に負担がかかりやすく、クリートが大きい分、自転車から降りた際は非常に歩きにくくなっています。

「SPD」は、「SPD-SL」と比較するとクリートが小さくできている、ビンディングエントリーモデルになります。「SPD」には「オフロードタイプ」や「MTB(マウンテンバイク)タイプ」などがあり、自転車から降りても歩きやすくなっています。また、「片面SPD片面フラット」になっているため、スニーカーなど、普通の靴を使用して乗ることも可能です。「SPD CLICKE'R」は、クリートを付けたり外したりすることが容易にでき、ビンディングペダル初心者向けとなっています。

Look(ルック)

Look(ルック)は、世界的にも有名なフランスのロードバイクメーカーで、元々は、スキー用品を製造するメーカーとして、ビンディングなどのパーツ製造を行っていました。そのノウハウを活かし、ロードバイクのペダルに初めてビンディングを開発したメーカーでもあります。日本でも人気がありますが、高級フレームとしても有名なブランドであるため、国内でLook(ルック)のバイク(自転車)に乗っている方を多く見かけることはあまりありません。

Look(ルック)のビンディングペダルは、踏み面やクリートの調節角度が広めになっているため、本格的なレースが目的の方におすすめです。ただし、クリートの部分は交換頻度が高めになっています。

crankbrothers(クランクブラザーズ)

おしゃれで優れたデザイン性が特徴のcrankbrothers(クランクブラザーズ)のビンディングペダルは、特に「eggbeater(エッグビーター)」と「candy(キャンディ)」シリーズが有名です。「eggbeater(エッグビーター)」は、4面どこでもステップインができる大きなウィング構造が特徴のペダルで、泥が詰まりにくく、容易にステップイン、ステップアウトが出来ることから、レースでの使用に適しています。また、「candy(キャンディ)」シリーズは、「eggbeater(エッグビーター)」の基本性能を受け継ぎながら、マイクロプラットフォームを装備することで、ステップインがより簡単になり、クリップレスに不慣れな方でも使用できる仕様となっています。機能はもちろん、デザイン性にこだわりたい方にもおすすめです。

競技用と街乗り用で使い分ける

トライアスロンは、前日に天候が悪かった場合でも大会が開催されるため、足が滑りやすくなっている環境下で、足を固定することができるビンディングペダルは競技において非常に有利です。

トライアスロンに挑戦するにあたり、目的や目標は人それぞれだと思いますが、少しでもタイムを縮めたいという場合には、はめる面を探す必要がない「両面タイプ」のものや、泥やゴミがペダルに詰まりにくくなる泥抜け設計があるものを選ぶようにするのがおすすめです。また、競技時間が10時間以上になるロング・ディスタンスの場合には、軽量化されているペダルを選ぶようにするのが良いでしょう。

また、自転車をレースにのみ使用する場合には、「片面SPD」でも良いと思いますが、ロードバイクなどを街乗りでも使いたいという場合には、急な停車にも反応でき、走る用途に合わせて変えられる片面フラットのビンディングペダルの使用がおすすめです。

自分のレベルに合わせて選ぶ

トライアスロン3種目の中で最も距離が長く、その分タイムを占める割合も大きい「バイクパート」は、「スイム」や「ラン」とは違い、選手の実力だけでなく、機材の性能などもタイムに大きな影響を与えます。

機材選びは、自分のレベルより低すぎず高すぎない、ちょうど良い性能のものを選ぶのがポイントです。ビンディングペダルは、初心者の方がいきなり使用してしまうと、転んでしまうリスクも高くなるため、まずは、軽い力で着脱ができ、フラットペダル兼用のビンディングペダルから使用していくようにするのがおすすめです。また、ビンディングペダルは、同じブランドのものでも、モデルによって、どの部分に重点を置いて作られたかが異

なるため、それぞれの特徴をしっかりチェックし、性能のバランスなどを確認していくことが大切です。

ペダルは、選び方一つで、タイムやケガのしやすさなどに大きく関わってきます。今の経験値や目標などによって、自分にぴったりなものを選ぶようにしましょう。トライアスロン競技は、スプリント・ディスタンスでも、総距離25.75km、ロング・ディスタンスだと、総距離200km前後と、やりがいはありますが、スタミナが必要な過酷なレースになります。特にトラアスロン初心者の方は、最初のうちは背伸びせずにペダルなどの機材を選ぶようにしていきましょう。

自分の足に合ったものを

自分の足に合っていないものを使用すると、ペダリングの効果が十分に発揮されないだけでなく、膝や足首に負担がかかりやすくな

ります。自転車を漕いだ時のペダルの踏み具合や漕ぎやすさなども考えたうえで、商品を選ぶようにしましょう。

ビンディングペダルのおすすめ人気ランキング7選

第7位 Crank Brothers Candy 2クリップレス MTB ペダル

ビンディングペダルの画像
内容量 355g
価格 12,604円
SPDシステム 両面(4面)

商品の特徴

軽量でありながら衝撃に強い、高強度の6061T6アルミボディを採用。4面キャッチになっているため、泥の排出が可能となっており、足元が悪い状況でもペダリングしやすくなっています。特徴的なデザインも人気の理由の一つです。

第6位 look(ルック)KEO ブレード ブラック

ビンディングペダルの画像
内容量 片側120g
価格 17,280円
SPDシステム

商品の特徴

同ブランドの「KEO ブレードカーボン」で培われたテクノロジーを継承しながら、素材をコンポジットに置き換えることで、大幅なコストダウンを実現しています。優れたパワー伝達効率を誇り、高い回転性能、耐久性があります。

第5位シマノ(SHIMANO)TIAGRA PD-A520

ビンディングペダルの画像
重量 315g
価格 6,197円
SPDシステム 片面

商品の特徴

片面のみをSPDとすることで大幅な軽量化を実現。オンロードでの使用を想定した、SPDペダルです。空気力学に基づいたデザインとなっており、ケージが大きくなってペダルも捉えやすくなっています。泥抜け設計で、ステップインした際に泥やゴミが吐き出される仕組みになっています。

第4位シマノ(SHIMANO)TIAGRA PD-R550 ブラック

ビンディングペダルの画像
内容量 310g
価格 8,407円
SPDシステム 片面

商品の特徴

樹脂製ボディ採用の軽量モデル。スプリングテンションの調整幅を広く設定しているため、初心者の方から、中級・上級者まで、幅広い方にお使いいただけます。ワイドなペダル踏面で抜群のパワー伝達によるペダリング効率や、高い安定性を獲得。また、負荷を均一に分散する、ワイドベアリングが配置されています。

第3位シマノ(SHIMANO)ULTEGRA PD-R8000

ビンディングペダルの画像
重量 248g
価格 11,670円
SPDシステム 片面

商品の特徴

シマノの中でも圧倒的な人気を誇る、中級車・上級者向けのビンディングペダル。品質と性能を兼ね備えたデザインで、踏み面の面積はワイドでありながら、軽量化を図った設計となっており、大きな力をかけやすくなっています。そのため、回転率が高く、疲労も蓄積されにくいのが特徴です。

第2位シマノ(SHIMANO)105 PD-R7000 SPD-SL ペダル EPDR7000

ビンディングペダルの画像
内容量 265g(ペア)
価格 12,711円
SPDシステム 片面

商品の特徴

カーボンで補強された樹脂ペダルボディを採用しており、ステンレス製ボディプレートの形状を大幅に変更することで軽量化。力が伝わりやすいため疲れにくく、高いペダリング効率を実現しています。また、コンタクトエリアの幅が広いことから、安定感があるため、初心者の方にもおすすめです。

第1位シマノ(SHIMANO) SPD SL ペダル PD-R540-LA(ライトアクション)ブラック EPDR540LA

ビンディングペダルの画像
重量 330g(2個)
価格 6,219円
SPDシステム 片面

商品の特徴

アルミボディのベーシックモデルで、街乗りや気軽なツーリングにも最適です。エントリーライダー向けにバネの力を弱くしているため、ビンディングペダル初心者の方におすすめです。シマノシューズと合わせて使用することで、より高いパフォーマンスを得ることが期待できます。抜群の安定感と高い耐久性を備えており、過酷な状況下のレースも効率の良いペダリングが可能です。

ビンディングペダルの使い方

ビンディングペダルのはめ方・外し方

はめ方

  1. ペダルは後ろの方が重く、上を向いた状態になっているため、つま先でペダルの先の方を押していく。
  2. つま先でペダルの先を押す動作を続けていると、クリートの先の部分が自然とペダルに引っ掛かる。
  3. 引っ掛かった後は、そのままペダルに対して真っ直ぐ力強く踏み込む。パチンと音がしたら固定完了。

外し方

つま先を軸にし、かかとを勢いよく外側にひねることで、クリートを外すことができます。足を上下左右に動かしても固定されたクリートを外すことはできません。慣れるまで時間がかかることもあるため、自転車で走る前にしっかり練習しておくようにしましょう。

漕ぎながらはめる方法

  1. サドルには座らず、フレーム(トップチューブ)にまたがる。
  2. 先に片足だけはめておく。この時、カチッと音がするまで、しっかり固定しておく。
  3. 片足だけ固定できたら、足をはめた側のペダルを、一度引き上げてから踏み込む。
  4. 自転車が進み出したら、はめていない方の足でペダルをキャッチし、そのまま踏み込みながらクリートの先端部分とペダルを引っかける。
  5. クリートの先端部分とペダルが引っ掛かった状態でクランクが上に上がってきたら、そのままペダリングし、はめてなかった足を力強く踏み込んで固定する。
  6. しばらく漕いでスピードが乗ってきたら、サドルに座る。

停止方法

停止をする際は、着地する方の足を前もって外しておくようにします。外し方は、先ほど説明した方法と同じです。外す側のクランクが下に来た特に足をひねると、力を入れやすいため外しやすくなります。

急停止はできないため、止まる位置の20mほど前から準備をしておくようにしましょう。止まる時は、固定されている片方の足はそのまま、外した方の足で着地をします。停止中はサドルから降り、フレーム(トップチューブ)にまたがっている状態になります。

思わぬケガや事故を防ぐためにも、ビンディングペダルを使用した際の乗り降りは、あらかじめ練習しておく必要があります。室内で練習できる「固定式ローラー台」を使用すれば、外で練習する時と違って立ちごけ(クリートをうまく外せずに転倒すること)を防ぐことができるため、安全に練習することができます。また、何らかの理由でバランスを崩してしまった際、とっさに対応できるように、片方の足だけクリートから外す練習は、右足でも左足でもできるようにしておきましょう。

ビンディングペダルの注意点

初心者は弱めに固定する

ビンディングペダルを使用する際、固定力が強いと、足が外しやすくなる原因となるため、特にビンディングペダルに慣れていない初心者は、注意が必要です。ビンディングを固定する力は調整することができ、アーレンキーを使用して、ペダルの調整ボルトを左方向に少し回してはめる、というのを何回か繰り返していくことで、ちょうど良いポイントをみつけることができます。調整方法は、メーカーによって異なる場合があるため、それぞれの使用方法に従うようにしましょう。

クリートカバーは必ず使用する

「SPD-SL」は泥が詰まりやすい傾向にあるため、それが原因でペダルがはまらなくなることがあります。また、クリートが削れてしまうと、走行中にシューズとペダルが外れやすくなる原因にもなります。

レース中に起きてしまうと、タイムロスになるどころか、大きなケガに繋がることもあり、大変危険です。クリートの泥づまり、クリートが削れてしまうのを防ぐためにも、クリートカバーは必ず使用するようにしましょう。

まとめ

今回はビンディングペダルをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは

ということです。

トライアスリートは、元ランナーの割合が最も多いとされていますが、最近は、人気漫画や健康ブームなどの影響で、自転車に興味を持ち、それをきっかけにロードバイクの競技に参加したり、最終的にはロードバイクからトライアスロンに移行したりする方が増えてきています。

「バイク」競技は揃える道具も多く、トライアスロンの中では最もお金がかかる種目です。バイクパートは、機材の性能がパフォーマンスに影響してしまうという特徴があるため、まずは、自分のレベルや目標、参加する大会などを考えたうえで、それに合った商品を選ぶようにしていきましょう。

揃えておきたい道具一覧

HMBサプリバナー
FAQ教えて!ほりすけ